【お知らせ】 - オーストラリア政府が、3月20日の21時以降オーストラリアに到着する全渡航者の入国禁止を発表しました。留学予定の方はご注意ください。

テイフ・ニューサウス・ウェールズ・ニューカッスル・イングリッシュ・ランゲージ・センター

CRICOS:0059IE

テイフ・ニューサウス・ウェールズ・ニューカッスル・イングリッシュ・ランゲージ・センターの留学生評価

英語力の伸び
4.0
立地環境
4.0
授業内容
5.0
クラスの雰囲気
5.0
留学生の国籍割合
2.0
アクティビティ
4.0

テイフ・ニューサウス・ウェールズ・ニューカッスル・イングリッシュ・ランゲージ・センターの特徴

  • 先生たちのファミリーのようなサポート
  • TAFEの設備が使える
  • 日本人の少ない都市・学校環境で学べる

シドニーシティから電車で2.5時間ほど北にある、NSW州第2の都市ニューカッスルにある、州立TAFE附属の英語学校です。レストランの集まる『ハミルトン駅』から徒歩10分弱の場所にあります。

TAFE NSW ニューカッスルでは、小規模校ならではの「ファミリー」のようなサポートを受けられるのが、最大のオススメポイントです。


特徴 その1 先生たちのサポート

州立専門学校TAFEの付属と聞くと、大規模校でスタッフは個人の名前もわからないようなイメージがありますが、TAFE NSW ニューカッスルの英語学校は全く違います。

ニューカッスルはローカルの学生が圧倒的に多い学校なので、留学生はあまり多くなく、英語コースの生徒数は平均して40〜60名ほどであるため、先生たちが学生たちの事をよく知っています。また、先生たちは学生たちがオーストラリアのコミュニティに入りやすいようサポートをしてくれたり、安心して生活ができるよう声をかけてくれたり、いざという時は家族のように頼りになる存在です。


例えば、学生がお家探しの状況などを何気なくしたところ、ボンド詐欺に合いそうだったことが発覚したこと、様子がおかしい学生に声をかけたら学生の友達が危険な目に合いそうだったので助けに行ったこと、体調が悪くなってしまった学生がいたと先生たちがみんなで情報をシェアしてサポートしたことなど、大きな学校ではないような先生との近さを感じます。


学校見学時には、卒業生が遊びに来ればどの先生も声をかけ近況について話をしていますし、専門コースには英語コースの卒業生が学んでいるので、そこでも親しげに話をする様子を目にしている為、先生と学生との距離がかなり近く学生にとって在学中だけでなく滞在中の頼りになる存在であることは間違いないようです。

そんなアットホームな環境であることに加え、進学をする若い学生だけでなく、仕事で英語力を上げる必要のある大人や移民の学生もいるため年齢層も広く、シャイな日本人でもクラスに馴染みやすい雰囲気です。


特徴 その2 TAFEの設備が使える

英語コースのあるニューカッスルキャンパスは、広い校庭や2階建ての図書館、カフェなどもあり、外に出なくても1日過ごせます。
中でも図書館は広々としていて、授業で使っている専門学生がいても十分勉強スペースを探すことができます。



特徴 その3 日本人の少ない都市・学校環境で学べる

ニューカッスルはシドニーなどの主要都市から離れているため、留学生やワーキングホリデーの学生が多くなく、小さな田舎ではありませんが、かなりローカル率の高いエリアです。街中を歩いていても聞こえるのは英語ですし、留学生もそれほど多く見かけません。


TAFE内でも専門コースでは、基本的にオーストラリア人の中に留学生数人ということが多いようです。そのため、校内でも圧倒的にオーストラリア人学生に囲まれる、英語環境になります。


また、シェアでも大学の留学生は大学の学生寮にいることが多いようですし、アルバイトも日本食レストランが多いわけではないので、都心部のように日本語だけで生活できるような環境もなく、英語環境が作りやすいです。


アクティビティについて

週に1-2回はビーチにやランチにでかけ、みんなで楽しみます。郊外にでかけていくこともあります。



ホームステイ、学生寮について

TAFE NSW ニューカッスルでは、ホームステイと学生寮の紹介をしてくれます。

ホームステイは交通の便が若干良くないので、車で15分のところでも、公共交通機関だと40〜50分かかることも。その分ホストはとても優しいことが多いので、オーストラリアの生活を覗いてみたい方にはオススメです。

学生寮は学校から徒歩で行けるところを中心として、学校にそれほど遠くない場所にあります。こちらはオススメですが、長期の入居が基本なので、長期留学の方におすすめです。短期の場合空いていれば入居できることがあり、専門学校のホリデー期間に入居できることが多いようです。ご希望の方は早めにご相談ください。

先生の思い

TAFE NSW ニューカッスル英語コースの教頭先生であるDimiは学校見学に行った時、こんなお話をしてくれました。


「私はでニューカッスルから少し離れた田舎の出身で、オーストラリア生まれだけど、学校に入学をするまではギリシャ語のほうが話せた(ギリシャ系出身のオーストラリア人です)ので、英語ができない辛さは非常にわかるの。だから、海外から来た留学生が知らない土地で英語が話せなくて孤立しないよう、できる限りローカルの人と繋がれるように手伝いたいし、生活もスムーズに進むようサポートしてあげたい。テストにパスした、落ちたと機械的に教えるだけはしたくないの。
大きい学校は良いところもあるけど、みんなのことがわからなくなってしまうので、大きくても60人くらいが良いと思っているわ。」

とにかく人数をたくさん入れたい、授業だけ提供できれば良いという学校もある中、日本人スタッフがいなくても、本当に安心して留学生活を送れる先生やスタッフのいる学校です。


卒業後も長いお付き合いができるもの、TAFE NSWニューカッスルの先生らしいところです。

ニューカッスルの留学生活

ニューカッスルについて、留学生活について、先生たちや卒業生たちにインタビューしました。



オススメプラン

       
ワーキングホリデー 17週間
12週間一般英語 初中級
5週間一般英語 中級

       
休学留学 9ヶ月
4月〜6月もしくは10月〜12月  3ヶ月一般英語 中級/IELTS
7月〜12月もしくは2月〜6月  6ヶ月専門学校 サーティフィケート

TAFE NSW ニューカッスル付属英語学校写真集

TAFE NSW ニューカッスル付属英語学校の写真はこちらからご覧ください。

TAFE NSW ニューカッスルは「英語環境での生活を求める方」「アットホームな学校を求める方」にオススメです。

ニューカッスルの紹介ビデオ



ニューカッスル写真集

ニューカッスルの街並みはこちらからご覧ください。

学校所在地


テイフ・ニューサウス・ウェールズ・ニューカッスル・イングリッシュ...のコース

テイフ・ニューサウス・ウェールズ・ニューカッスル・イングリッシュ・ランゲージ・センター

都市
ニューカッスル
住所
Maitland Road Tighes Hill NSW 2297
交通手段
シドニーセントラルステーションから電車で2.5時間分ほど。最寄り駅Hamiltonから徒歩8分。
創立
1891年
CRICOS CODE
0059IE
認定/加盟団体
AE | NEAS | TAFE
その他のキャンパス
ありません。
全校生徒数
40人(男女比 50:50)
クラス数
3クラス(3レベル)
1クラスの平均生徒数
15人
日本人の割合
1%
その他留学生の国籍
イタリア | ギリシャ | スペイン | スロバキア | チェコ | トルコ | ブラジル | ベトナム | 中国 | 台湾 | 韓国 など
ブラジル、東南アジアが多い時期もありますが、基本的にどこかひとつの国が多いということはなく、満遍なく多くの国から学生が集まります。
入学時のテスト内容
スピーキング | ライティング | リスニング
教材の種類
様々な教材を使用
教師の採用基準
学士号/TESOL
インターネット
無料で利用できます
日本人スタッフ
不在
カードでの支払い
利用できます

オーストラリア留学のお問い合わせはお気軽に!
平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

お電話でのオーストラリア留学相談はこちら