サンシャインコーストの語学学校一覧



「サンシャインコースト」聞いたことのない方も多いかもしれない、このエリア。到着したら、ウキウキ・ワクワク・・不思議とあなたの心を元気に満タンにしてくれる、そんな場所。綺麗なドレスやハイヒールではなく、エクササイズギアが特に必要なこのエリア!ビーチサンダルも必須です。

オーストラリア第3都市のブリスベンから北に車で1時間ほどで、サンシャインコーストエリアに到着します。サンシャインコーストというのは大きなエリアを指し、留学生が通学することの出来る学校があるエリアは3つあります。

Noosa(ヌーサ)



ヌーサという街を紹介する上で「町に信号は2つのみ」という点があります。本来であれば、生活する上でこの2つの信号も必要はないのですが、ヌーサで生活する子どもが都市に出掛けても、きちんと信号を使って生活が出来るように出来た信号です。つまり、それくらいのんびりと過ごすことができる街で、田舎すぎず、でもとてものんびり出来るエリアと言えます。

特に、メインビーチやサンシャインビーチ、ヌーサ国立公園等、自然豊かな環境で勉強をしたい!そんなあなたにお勧めの街で、サーフィンやトライルラン、アクティブに動きたい方から、車の聞こえない場所でのんびり自分の時間を確保したい、贅沢なあなたの要望を叶えられる場所でもあります!語学学校は、レクシス・イングリッシュ(ヌーサ・キャンパス)があり、夏場はスイスやヨーロッパ、南米の学生が多い学校です!

Maroochydore(マルチドール)



ビーチ近くで少しだけ便利な生活を送りたい!そんなあなたにピッタリな場所です。Maroochydore Station(バス停)の横にはSunshine Plazaという商業ビルが入っているため、Noosaよりは少しだけ買い物が便利。日本食料理屋さんも複数あるため、勉強をしながらアルバイトを・・という方も多く選ばれています。MaroochyforeからMooloolabaまでのビーチ沿いは、ぜひウォーキングorランニングをして頂きたいお勧めポイント!

語学学校は、レクシス・イングリッシュ(サンシャインコーストキャンパス)があり、TAFE(州立専門学校)やサンシャインコースト大学進学を目指し、アカデミックな雰囲気を求めている方も勉強しているキャンパスです。

Sippy Downs(シッピーダウンズ)



内陸にあるこの街には、サンシャインコースト大学のメインキャンパスがあります。キャンパスにカンガルーが出てくることもあるこの大学は、1999年創立とオーストラリアの大学では新しい大学ですが、留学生が非常に少ないこともポイントの一つです。ただ、サンシャインコースト大学の英語コースは、進学英語コースのみの開講となっているため、入学の際にはIELTS5.0が必要となります。まず、基礎英語から学びたい方は、Lexis Englishのヌーサキャンパスまたは、サンシャインコーストキャンパスから就学いただくことをオススメします。



サンシャインコーストってどんなところ?

何か不思議なパワーを持っている、NOOSA!

ヘルシーな場所、サンシャインコースト♡

憧れの街、ヌーサ♡

 
レクシス・イングリッシュ・ヌーサ
「隠れリゾート地」と呼ばれるNoosa。Main Beachから徒歩20分の場所にLexis English Noosaはあります。毎年9〜3月は、ヨーロッパ(特にスイス)の学生が多く渡航するため、多国籍の環境で学びたい方には非常にお勧めのキャンパスの一つです! ビーチ、国立公園でのウォーキング、オーストラリアらしい環境で、ゆったりとした生活を楽しむことが出来る場所です。ビーチアクティビティも多く用意されています!
 
レクシス・イングリッシュ・サンシャインコースト
ウォーターフロントのサンシャインコースト校は、各教室に大きな窓が設置されているため、とても開放的な雰囲気で勉強が可能!サンシャインコースト大学やTAFE(州立専門学校)への進学を目指す学生も多く在籍しているため、集中して勉強が出来る環境が整っています。学生数は最大150名という小規模校のため(平均130名)、アカデミックマネージャーによる定期的なスチューデントサポートにも定評があります。
 
サンシャインコースト大学付属英語学校
CRICOS:01595D
1999年創立と歴史はまだ浅いサンシャインコースト大学。クイーンズランドの州都ブリスベンから北に車で約1時間半のサンシャインコーストにあり、キャンパス内に野生のカンガルーがいるようなのどかな大学の付属語学学校です。 サンシャインコースト大学の本科に進学するための英語力・スキルを身につける、進学英語コースを開講しています!