パース・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

CRICOS:023689

パース・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュの特徴

英語力の伸び
4.2
立地環境
4.5
授業内容
4.2
クラスの雰囲気
4.2
留学生の国籍割合
3.5
アクティビティ
2.8
  • 全校生徒の半数以上が進学予定者!
  • キャンパスはシティの中心!
  • 学校がTOEICのテストセンター!

パースのショッピング街から歩いて3分程の距離、パース・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ。パース市内の語学学校の中でも非常に便利な場所にあり、周辺には駅、ショッピングモールやカフェなどが揃っています。



建物の2フロアがPICEの施設として使われています。クラス数が多く、常時7〜8クラスの開講があり、クラスの人数は平均12人で、15人以上になることはありません。卒業生の進学先としては、現地の大学が5%、専門学校・TAFEが20%、自国へ戻り進学する人が20%、オーストラリアで就職を目指す人が5%と、全体の半数近くが進学希望者というデータが出ています。特にTAFE・WAへの進学者が多く、TAFE付属校からだけでなく、同校経由で本科コースに進む留学生も年々増えています。

コースとタイムテーブル


昼間コースの授業時間
一限目:9時〜10時半
二限目:10時45分〜12時15分
三限目:13時〜14時半(選択授業)



毎週金曜はテストがあり、午後はセルフスタディーとアクテビティの時間が設けられています。ボキャブラリーやスピーキングの授業では、面接に役立つ会話を勉強することも。



また、8週間ごとに成績次第でクラスアップのチャンスがあるので、自分の頑張り次第で短期間で高いレベルのクラスに上がることが可能です。

大学・TAFE・専門学校への パスウェイ




PICEはTAFEやエディスコーワンカレッジなどの専門学校、マードック大学やエディスコーワン大学などの大学と提携しているので、入学テストやIELTSなどのスコアを持っていなくてもPICEの卒業証明をもって進学することが可能です。

(例)<TAFE WA English level requirements >
​IELTS 5.5 → PICE 一般英語 Level 6(Intermediate Plus)
IELTS 6.0 → PICE 一般英語 Level 7(Apper-intermediate)
IELTS 6.5 → PICE 一般英語 Level 8(Advanced)

※学校やコースによって条件が異なりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

アクティビティとサポート




PICEでは毎週金曜日の午後にサーフレッスンやビーチバレー、キングスパークサイクリングや博物館の見学など様々なアクティビティが行われます。週末にはロットネスト島やピナクルズ、マーガレットリバーへの遠足も開催しています。※アクティビティによっては有料のものがあります。

放課後には図書館で先生に質問する時間が設けられています。授業中に理解できなかったことや、相談しにくいことを個別で相談することもでき、この際に授業のことだけでなく、アルバイト探しには必要なレジュメやカバーレターを添削してアドバイスをもらうことも可能です。PICEの先生、スタッフはとてもサポーティブですので、ぜひ活用して下さい。

国籍割合



(2019年9月末時点)


※大型学生寮・キャンパースのお手配も可能です!!
お部屋のタイプ、詳細はこちらをご覧ください。

PICEからオーストラリア留学センターパース校への行き方

PICEからは徒歩14分ほど。
Barrack Streetまで出ると左折。そのまままっすぐ南下し、St Georges Tceとの交差点を右折。そのまま歩くとMilligan Streetとの角、左手にオーストラリア留学センターのある197 St Georges Tceのビルがあります。



パース・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュのコース

パース・インターナショナル・カレッジ・オブ・イングリッシュ

都市
パース
住所
100-104 Murray St, Perth City 6000
交通手段
パース国際空港から車で約25分。パース駅から徒歩5分。最寄のバス停から徒歩2分程。
創立
2002年
CRICOS CODE
023689
認定/加盟団体
NEAS
その他のキャンパス
なし
全校生徒数
250人(男女比 40:60)
クラス数
16クラス(9レベル)
1クラスの平均生徒数
12人
日本人の割合
16%
その他留学生の国籍
インドネシア | コロンビア | スイス | ブラジル | ベトナム | マレーシア | 中国 | 台湾 | 韓国 | 香港 など
コロンビア25%、ブラジル16%、日本16%、香港・台湾7%、中国7%、西ヨーロッパ7%、タイ5%、ベトナム4%、韓国3%、その他10%、2019年9月末統計
入学時のテスト内容
インタビュー | グラマー | ライティング
教材の種類
カッティング・エッジ | ヘッドウェイ
教師の採用基準
学士号/CELTA/教師としての十分な経験
インターネット
無料で利用できます
日本人スタッフ
不在
カードでの支払い
利用できます

オーストラリア留学のお問い合わせはお気軽に!
平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

お電話でのオーストラリア留学相談はこちら