南オーストラリア大学付属英語学校(CELUSA)

CRICOS:02193C

南オーストラリア大学付属英語学校(CELUSA)の特徴

英語力の伸び
4.7
立地環境
5.0
授業内容
4.7
クラスの雰囲気
4.7
留学生の国籍割合
2.3
アクティビティ
4.3
  • 進学者に特化した内容
  • 大学のキャンパスが利用できる
  • 学生寮の利用が可能

南オーストラリア大学付属の英語学校は、同大学のキャンパス内にある。2003年まではCentre for Applied Linguistics in the University of South Australiaの頭文字をとり、"CALUSA(カルサ)"と呼ばれていたが、現在は、Centre for English Language in the University of South Australiaと名前が変わり、呼称も"CELUSA(セルサ)"に変わった。

実際名前が変わっただけで、授業方針などは今まで通り。南オーストラリア大学に進学予定の留学生にオススメなのはもちろん、SAIBT経由で最短で南オーストラリア大学への進学者は、必ずと言って良いほど同校のアカデミック英語コースを利用します。
留学生のほとんどは長期留学生のため、長期留学を考えている留学生にはオススメの語学学校。南オーストラリア大学進学希望者にとっては第1候補となる学校です。

南オーストラリア大学付属英語学校(CELUSA)のコース

南オーストラリア大学付属英語学校(CELUSA)

都市
アデレード
住所
University of South Australia City West Campus
交通手段
アデレード空港からバスで10分 。アデレード駅から徒歩5分程。周辺各バス停から徒歩3分。
創立
1982年
CRICOS CODE
02193C
認定/加盟団体
ACPET | CLICOS | E.A | NEAS
その他のキャンパス
なし
全校生徒数
700人(男女比 55:45)
クラス数
46クラス(5レベル)
1クラスの平均生徒数
15人
日本人の割合
0%
その他留学生の国籍
サウジアラビア | スイス | タイ | ドイツ | ブラジル | ロシア | 中国 | 台湾 | 韓国 | 香港 など
上記、日本人の割合と留学生の国籍については、お約束するものではございません。あくまでも参考程度にされてください。
入学時のテスト内容
インタビュー | エッセイ | グラマー | ボキャブラリー | リスニング | リーディング
教材の種類
様々な教材を使用
教師の採用基準
学士号/TESOL
インターネット
無料で利用できます
日本人スタッフ
不在
カードでの支払い
利用できます

お問い合わせはお気軽に!
平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

お電話での留学相談はこちら