カーティン大学付属英語学校 Curtin English

CRICOS:00301J

カーティン大学付属英語学校 Curtin Englishのコース紹介

ブリッジング英語コース

キャンパス:ベントレー
IELTS無しでカーティン大学の本科コースに入学できるブリッジング英語コースです。英語だけでなく、Study Skillも学べる中身の濃いコース。
本科コースで使う用語、ディスカッション、セミナー、プレゼンテーションでの英語のコミュニケーション、リサーチプロジェクトのためのライブラリーテクニックまでカバーする授業内容です。

カーティンイングリッシュのレベル表


授業時間は、月・火・木・金曜日:朝8時〜10時、12時〜14時
水曜日:朝8時〜10時、14時〜16時

なお、2019年にカーティン大学の1年以上の本科コースに入学する方は、ゲートウェイイングリッシュ、あるいはブリッジング英語コースの10週間分のカーティン大学附属語学学校の授業料が免除されます。(ただし、カーティン大学に進学してからの英語コース10週分の授業料免除が適用されるシステムです)


【授業内容】

カーティン大学附属語学学校、Curtin EnglishのEnglish Language Bridgingコースを卒業し、看護コースで勉強されているNatsumiさんに授業内容についてお話しを伺いました。


●通学期間:17週間
●クラス人数:15名程度

ELBコースが始まる前に

ELBコースには、進路によってAレベルの成績を取らないといけない人、Bレベルの成績で良い学生がいます。まずコース開始時にAレベルの成績を取らないといけない学生だけ呼び出され、先生から「真面目に頑張らないと落ちるから頑張って」と事前に激励されました。これで、「相当きついコースなんだな」と思いました。実際、休んだらついていけなくなるので、休む人もいませんでした。
日本人にはほとんど会いませんでした。

発音も鍛えられる授業内容

ELBコースでは、1分スピーチ、3分スピーチの練習があります。その人によって直さないといけない発音の特徴を教えてくれ、私はやはり日本人の苦手なRとLの発音を具体的に指摘されました。(笑)

リスニングの授業では、介助犬、ジョージを飼っているスタッフが犬を連れてきてくれて、交流しながらネイティブの英語に触れるという授業もありました。語学学校の先生はゆっくり分かりやすく話してくれるため、実際にネイティブが話す英語より分かりやすいのですが、ELBコースでは語学学校の先生以外の人々の英語に触れる機会を作ってくれます。ジョージについて話をしていることを学生が聞き、書き取り、その内容が実際に話していたことと合っているか、表現力や単語をきちんと聞けているか、それを先生も含めてみんなで話し合いました。

ライティングはファーストドラフト、セカンドと、何回も作りながら、最終の仕上げをするので、ドラフト作成途中で毎回先生が一人ひとりチェックするのは難しく、「お互いの気づきを大事によう」という先生の方針により、生徒同士交換してチェックしあいます。またライティングの教科書が使いやすく、テストの前にはライティングの準備が一人でもできたことに満足しています。

毎週テストの緊張感

スピーキングは友達といっぱい練習しました!例えば職業についてなど、様々なトピックを想定し、友達とスピーキングテストの練習をしましたが、実際テストとなると、ものすごい緊張の中で見たことのないトピックを話すことはアジア系学生には特に難しいと思います。

かけがえの無い友達と出会えた!

ELBコースの友達は、みんな優しく、やる気のあるクラスメートでした。Bレベルの成績で卒業してよい学生たちが、Aレベルの成績を取らないといけない私達を「ここはハードだけどAレベルを取らないといけないから頑張って!」と励ましてくれたり、Aレベルの学生同士は「協力して頑張ろう!」と一致団結。

プレゼンテーションは大変だったけど、グループメンバーと励ましあいながら最終的には楽しめたと思います。日本人は人前で話すのが苦手と先生もメンバーもわかってるので、練習中もよくできたら「今までで一番よかったよ!」とポジティブに励ましてくれました。

ELBコースには、もともと英語力が高く、進学英語コースを飛び越えて、このELBコースに入ってきた学生もいます。その学生たちはアカデミックな英語力が高く、知識や単語力が豊富なだけでなく、やる気や必死な姿勢からも刺激を受けました。今でもたまに会うと話が止まらないぐらい盛り上がります。

コース時間

20時間

コース入学日 & コース費用

17週:2019年2月13日/7月17日/10月2日
10週:2019年4月3日/9月4日/11月20日
(上記はオリエンテーション日となっており、入学日は翌週の月曜日となります)
コース期間 授業料
17週間9,810ドル(2019年)
10週間6,010ドル(2019年)

入学基準

17週コース→希望するカーティン大学・大学院コースの英語基準よりIELTS-1.0
10週コース→希望するカーティン大学・大学院コースの英語基準よりIELTS-0.5

その他の費用

寮は、入寮後に、アクティビティ、施設料がかかります。
寮費用はセメスターごとの支払いとなります。
ホームステイ、空港送迎はTalkabout tour社の料金です。
詳細 料金
入学金 270ドル
教材費 約100ドル(レベルにより異なる)
ホームステイ手配費 265ドル
ホームステイ宿泊費 週275ドル(個室、平日2食、週末3食付き)
学生寮手配費 無料
学生寮宿泊費 週155ドル~373ドル(建物や部屋のタイプにより異なります。)
空港ピックアップ 130ドル(パース空港)

オーストラリア留学のお問い合わせはお気軽に!
平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

お電話でのオーストラリア留学相談はこちら