アビリティー・イングリッシュ(メルボルン校)

CRICOS:01530K

アビリティー・イングリッシュ(メルボルン校)の特徴

英語力の伸び
3.9
立地環境
4.8
授業内容
4.3
クラスの雰囲気
4.5
留学生の国籍割合
3.1
アクティビティ
3.9
  • 市内中心の好立地
  • 発音矯正やサバイバル英語などユニークなコースあり
  • 実績のある独自カリキュラムを採用

市内中心部、Swanston通りに位置するアビリティー・イングリッシュ(メルボルン校)。ロケーションは抜群で、メルボルンの象徴的な駅「フリンダース駅」のすぐ近くです。
シドニーにもキャンパスがあるこの学校は、緑、青、黄色等のパステルカラーを学校の色として統一し、明るく素敵な雰囲気のキャンパスとなっています。


アビリティ・イングリッシュの授業の中枢を担う講師陣は全員語学講師有資格者で、経験豊富、熱心でとてもフレンドリーです。
講師と生徒のコミュニケーションもとても盛んで、英語の質問はもちろん、日常生活の疑問や相談にも気軽に応じてくれます。授業では、英語を学ぶ上で必要な4つの力「話す・聞く・読む・書く」をバランスよく吸収する事が出来ます。
一般英語コースでは、毎日会話中心の授業が1セッション入っており、このレッスンだけ他のセッションとは違う先生が授業を行います。

アビリティー・イングリッシュは日本人割合が他校に比べると比較的低く、南米の学生が多い傾向にあります。年間を通して学生の日本人割合は15%前後となり、様々な国のお友達を作る事が可能です。
また南米の生徒さんが多いということもあり、クラス内で発言する機会も多くあり、社交的な方やスピーキング力を伸ばしたいとお考えの方におすすめの学校と言えます。

また一般英語コースのみではなく、「発音矯正コース」や「サバイバー・イングリッシュ」等、他校にはないコースを提供しているのも魅力の一つです! 


スピーキングにもっと自信を持ちたい!という生徒さんにもお勧めの学校です。
授業は午前もしくは夜間で選ぶことが可能です。

アビリティー・イングリッシュ(メルボルン校)学校写真集


アビリティー・イングリッシュ(メルボルン校)の学校写真はこちらからご覧ください。

アビリティー・イングリッシュの学校紹介動画


アビリティー・イングリッシュ(メルボルン校)のコース

アビリティー・イングリッシュ(メルボルン校)

都市
メルボルン
住所
Level3, 55 Swanston Street, Melbourne VIC 3000
交通手段
創立
2009年
CRICOS CODE
01530K
認定/加盟団体
ACPET | E.A | NEAS
その他のキャンパス
シドニー
全校生徒数
570人(男女比 55:45)
クラス数
5クラス(5レベル)
1クラスの平均生徒数
12人
日本人の割合
10%
その他留学生の国籍
イタリア | コロンビア | サウジアラビア | スペイン | チェコ | チリ | ハンガリー | フランス | ブラジル | ペルー | マレーシア | 中国 | 台湾 | 韓国 | 香港 など
上記、日本人の割合と留学生の国籍については、お約束するものではございません。あくまでも参考程度にされてください。
入学時のテスト内容
スピーキング | ライティング | リスニング | リーディング
教材の種類
ヘッドウェイ
教師の採用基準
経験
インターネット
無料で利用できます
日本人スタッフ
在籍
カードでの支払い
利用できます

お問い合わせはお気軽に!
平日24時間以内にご返信いたします

無料メール相談

お電話での留学相談はこちら