2018年7月26日

大学生・新卒向け 現地企業インターンシップ

オーストラリアでもビジネス系の経験をするチャンスが多いシドニーでは、インターンシップは人気プログラムの一つです。ただ、英語学校のプログラムですと職種の選択が難しく、専門的な分野の勉強をしている大学生のインターンシップの希望を叶えるのは難しいのが現状です。

今回新しくスタートしたナビタス・イングリッシュの「英語+企業インターンシッププログラム」は、大学で専門分野、ビジネス関連を学んでいる大学3年生〜卒業2年以内の方向けに、勉強と実際に就職した際のギャップを埋めるための経験ができるよう作られたプログラムです。


ビジネスインターンシップ・プログラムについて

【基本プラン】
英語コース 17もしくは36週間〜⇒無給ビジネスインターンシップ 8〜12週間

ビジネストレーニング 6週間 



このインターンシップは、現地の大学に通う学生向けに行っているインターンシッププログラムを、語学留学生向けにアレンジしたものです。ナビタス独自で手配をするこのインターンシップには、既に多くの学生が参加しており、様々な分野でのインターンシップが可能です。

インターンシップ参加にあたり、事前にビジネストレーニングを6週間受講しますので、心構えがしっかりと出来てからインターンに参加をすることが出来ます。
このトレーニングはインターンシップ参加直前の6週間(毎週土曜日)に、シドニー・メルボルン・パースのいずれかで学びます。(英語はどのキャンパスで学ぶことも出来ます。)




ビジネストレーニングについて

ビジネストレーニングでは下記が含まれます。

1. 履歴書やカバーレターのテンプレートを含め仕事探しの資料一式
2. LinkedInとオンライン学習プラットフォームLynda.comへの無制限のアクセス
3. IELTS、BULATS、ピアソン英語検定の対策
4. 業界ワークショップやネットワーキングイベントへの参加
5. プログラム期間中と修了後の職業アドバイス
6. 業種別インターンシップ紹介



また、修了時には下記のスキルが身につきます。

1. ビジネスでの英語コミュニケーション力
2. 希望する業種に対する必要条件や状況の理解
3. 理論に基づいた学習を実践に活かす経験
4. チーム環境で仕事を自己管理する能力
5. 職場における建設的なフィードバックの与え方・受け方の理解
6. オーストラリアの職場における行動、慣例、法律の理解
7. アジア、ヨーロッパ、アメリカ、中東の人達とのグローバルネットワーク



インターンシップができる分野と参加が出来ない学部

【インターンシップができる分野】


エンジニア、IT、ファイナンス(銀行含む)、会計、デザイン、ホスピタリティ(ホテル含む)、インターナショナルビジネス、マーケティングなど



下記の学部の方はビジネスに関連する専門知識があるとみなされないため、プログラム参加ができません。
・文学部
・外国語学部
・国際関係学部 などビジネススキルを学ばない学部
*自分の学部が該当するかわからない場合は、お問い合わせください。
*上記の学部に当てはまる方、キャリアのある方はこちらを御覧ください。




インターンシップ参加条件と詳細

・IELTS6.0相当の英語力(ナビタスイングリッシュ上中級レベル)
・希望インターンシップの職種について、大学で専門課程の勉強をされている大学3年、4年生、及び卒業から2年以内の方
・シドニー、メルボルン、パースのいづれかの都市でのインターンシップを希望される方



インターンシッププログラム 参加の流れ

①履歴書提出
大学での学部、専攻などを確認します。

②英語力チェックテスト受験
履歴書チェックを通過したら、インターンシップ参加までの英語ご就学期間を決定するため、英語のテストを受験します。

③お申込み
英語のご就学週数が決まりましたら、お申込が可能です。渡航日と滞在方法を決めてお申込みをします。

④ご渡航
学費のお支払、VISAの取得、ご渡航の準備をして、オーストラリアへ渡航します。準備はオーストラリア留学センターでサポートします。

⑤英語の勉強
ナビタスイングリッシュでIELTS6.0相当まで英語力をあげます。

⑥ビジネストレーニングに参加
インターンシップ参加の6週間前から、ビジネストレーニングに参加します。毎週土曜日1日X6週間です。

⑦企業面接
ビジネストレーニングを受けている期間に面接をします。

⑧無給インターンシップ
ビザごとに8~12週間の現地企業インターンシップに参加します。

⑨修了証授与
インターンシップ修了後は個別インターンシップレポートと修了証が授与されます。



*英語力が条件に満たない場合は、キャンセル可能です。(ビジネストレーニング参加前まで)




プラン例

★学生ビザで参加の方★
英語コース 36週間スタート(初中級⇒中級⇒上中級)
*コースの間にホリデーを4週間入れます。

英語コース 31週目から毎週土曜日のトレーニングに参加

無給インターンシップ 8〜12週間
——
合計期間:48〜52週間
*帰国までの猶予期間を使ってインターンシップを行いますので、インターンシップ終了後直ぐにご帰国をしなくてはならない可能性があります。(ビザの期間によります。)

52週間(36週間英語コース+インターンシップ12週間)の留学期間として

入学金245ドル
教材費360ドル
学費11,880ドル(週330ドル)
インターンシップ手配料3,250ドル
留学生保険およそ825ドル(月55ドルとして)
合計およそ16,560ドル(1ドル83円換算で約138万円)
*2018年度費用を適用しています。



★ワーキングホリデービザで参加の方★

英語コース 17週間スタート(中級⇒上中級)

英語コース 12週目から毎週土曜日のトレーニングに参加

無給インターンシップ 12週間
——
合計期間:29週間(ワーキングホリデービザの期間は52週間)


*学生ビザで参加をご希望の方の中で英語力が高い方は、ナビタスのテスト結果によっては36週間未満で参加できる可能性もあります。
*ワーキングホリデービザで参加を希望される方が、17週間のご就学期間で英語力がIELTS6.0に満たない場合で、VISAの期間内にIELTS6.0が取れた方は、インターンシップに参加をすることが可能です。



29週間(17週間英語コース+インターンシップ12週間)の留学期間として
入学金245ドル
教材費255ドル
学費5,950ドル(週350ドル)
インターンシップ手配料3,250ドル
合計およそ9,700ドル(1ドル83円換算で約81万円)
*2018年度費用を適用しています。

ーーーーー

参加をご希望の方、英語力チェックや履歴書のチェックをご希望の方はこちらまでお問い合わせください。