2018年12月19日

ゴールドコーストでTESOL(英語教授法)を取得する!

2020年から、日本では小学3年生から外国語活動として英語を勉強し、小学5・6年生から正式に英語を教科として取り入れられます。

それに向けて、資格を持ち、より実用的な英語を教えられる教師が求められることになり、今後も需要がある資格がTESOLです。

ゴールドコースト・ラーニングセンター(Gold Coast Learning Centre:通称GCLC)にて、Diploma of TESOL(英語教授法)コースを受講して、日本で英語を教えられる先生になりませんか?

このコースを修了し、無事にDiploma of TESOLの資格を取得できれば、英語を第二言語とする日本の小学生から高校生、そして成人学生にも教授できる資格となります。

2019年はGCLCがTESOLコースを開講してから10年目に突入します!
GCLCでは、実践的なスキルを身につけ、卒業後はすぐに英語教師として働けるよう、しっかりと鍛えてくれますよ。

TESOLコース概要

GCLCでは、TESOLコースは2種類あり(DiplomaとCertificate IV)、目的や就学スケジュールによって選択できます。
Diploma of TESOL 専門学校レベルで一番学位の高い資格
コース期間 20週間コース
TESOLコースのみは16週間
16週間+IELTSコース4週間=合計20週間
(IELTSコース4週間はキャンペーンにつき、無料でパッケージ!)
対象となるビザ 学生ビザ
入学条件 IELTS 5.5の英語力、または学校の査定による
通常料金 2019年度料金:5220ドル
[入学金、教材費、授業料込み]
(現在実施中のキャンペーンはこちら
実習について 最低20時間の実習、模擬授業を校内で行う

Diploma of TESOL科目例:
各英語スキル(発音、リスニングなど)の教え方、ESLシラバスの組み方と教授法、ESLラーニングの採点方法、進学英語の教え方、目的別の英語学習について
※ESL:English as a Second Language (英語を第二言語とする)
Certificate IV in TESOL Diplomaよりも学位が一つ低い資格
コース期間 12週間コース
TESOLコースのみ
対象となるビザ ワーキングホリデービザ・学生ビザ
入学条件 IELTS 5.5の英語力、または学校の査定による
通常料金 通常料金2019年度料金:4485ドル
[入学金、教材費、授業料込み]
(現在実施中のキャンペーンはこちら
実習について 最低12時間の実習、模擬授業を校内で行う

Certificate IV in TESOLの科目数は、Diplomaで取る科目数より少なく、選択科目を一つ選べることになっています。詳細は、お問い合わせください。

備考:
・4週間のIELTSコースはTESOLコーススタートと終了の前後で就学可能。
・英語力はIELTS 5.5が必要とされていますが、学校に現在の英語力を査定してもらい、入学することも可能です。詳しくは、お問い合わせください。

GCLCにてTESOLコースのココがいい!

GCLCにてTESOLコースを勉強する最大の魅力は、現地オーストラリア人の学生と一緒に勉強できることです!

1クラス15人までの小規模のクラスで、ほとんどの学生がオーストラリア人です。

例:2018年10月開講のクラス国籍割合

●Diploma of TESOLコースに16週間通学したKさん
“GCLCのTESOLコース一番の強みは、domesticの生徒と共に学習できる環境、また、その他の受講者の英語力が極めて高いということ。(※本Termの場合)
ESLスクールにおけるTESOLプログラムは留学生向けに開講されているということが多く、受講者のほとんどがアジア人であるというケースも珍しくない。その為、本校のネイティブ英語話者と共に学習できる環境というのは非常に貴重である。”
全文はこちら
現地オーストラリア人学生やネイティブスピーカーと一緒に勉強することの利点は、いくつかあります。

例えば、
①実用的な英語力が身につくこと(クラスメイトとコミュニケーションをとって実習するため)
②ネイティブスピーカーに合わせた授業レベルに挑戦できる(チャレンジですが、成長できるチャンス!)
③教師になってから、自信を持って授業を行えること(この大変さを乗りきれば、本番も大丈夫!)

また、GCLCでは、
◎卒業生の72%以上が卒業後すぐ、教職に繋がっている!
◎先生の評判がいい!

というのも特徴です。

IELTSコースのアダム先生

GCLCで圧倒的に支持が厚いアダム先生は、 IELTSコースの先生ですが、Diploma of TESOLを受講する留学生のほとんどは彼の授業を受けています。

アダム先生は、英語を第二言語とする学生のための英語教育に20年以上携わっており、業界ではとても名の知れた先生なのです!

アダム先生の英語教師のはじまりは日本からスタートし、その後、オーストラリアだけでなく、アメリカやニュージランドでも英語を教えてきましたが、日本人を含む留学生にとって英語をどう教えたら効果的か、を熟知している大変経験豊富な先生です。

アダム先生は、“Teaching is Learning, Learning is Teaching”(教えることは学びになり、つまり、学ぶとは教えること)をモットーとしていて、まさにTESOLに当てはまるところですね。
“英語を教えることは、学生だけでなく、教師である自分の学びにもなっている”というアダム先生の教育に対する熱意を感じます。

GCLCで教えているIELTSの攻略法は、アダム先生が独自で試行錯誤されたものも多く、コースの評判がいいのはアダム先生が教えているから、と言っていいでしょう。

TESOLコースのダニエル先生

TESOLコースと一般英語コースを教えているダニエル先生は、GCLCに勤めて約3年ですが、アダム先生と同じように留学生に英語を教えることにパッションを持った先生です。

実際私がお会いすると、とても感じが良く、優しそうな先生でした。
また、2018年に通学した日本人学生からの評判も良かったです。

学生ビザでパッケージ!英語力にあったご留学プラン(サンプル)

英語力が規定まで達していない場合は、IELTSコースを足して通学する就学プランになります。
例:IELTS4.5の英語力を所持
◎IELTS4.5の英語力・学生ビザで34週間のご留学プラン
IELTSコース:14週間
Diploma of TESOLコース:16週間
4週間のホリデー
合計:34週間 
例:IELTS5.5の英語力を所持
◎IELTS5.5の英語力・学生ビザで24週間のご留学プラン
Diploma of TESOLコース:16週間
IELTSコース:4週間
4週間のホリデー
合計:24週間 
※4週間のホリデーは任意です。

TESOLコースの時間割表

毎週月曜日から木曜日午前9時から午後3時までです。

このように授業は週4日ですが、平日は先生が常勤していますので、学校に行って自習し、質問を聞くこともできます。

TESOLコースの開講日

2019年の開講日は、
2019年3月11日
2019年7月2日
2019年10月21日 

を予定しています。

※注意点:1クラス定員は15名で、規定の生徒数が集まれば、開講は確約されます。
現時点では、2019年度のコースはほぼ確実に開講する予定ですが、お問い合わせの際は入学希望日をお知らせください。

ゴールドコーストで唯一、TESOL資格取得コースを開講しているのはGCLCのみです!

GCLCでは、英語を第一言語とする生徒とそうでない留学生と交流の場を増やして、より良い教師陣、実践的な教授法を学べるようにコースが構成されています。

TESOL資格を取得するのはもちろん、実践で生きる経験を積むためにも、ゴールドコーストのGCLCで勉強しましょう!

ご就学プランについては、どうぞお気軽にご相談ください。