オーストラリアのワーキングホリデー最大の魅力は仕事が沢山あること

ワーキングホリデーで働く

どんな仕事がある?


アルバイトは、同一雇用主のもと6ヶ月までと決められているため、一時的なアルバイトとしてカフェ、レストランなどのホスピタリティ系の仕事が一般的に多くなります。 オーストラリアの一般企業で働くには、非常に高度な英語力を必要とすることからも難しいのが現状です。

もっとも就きやすい仕事としては、日本食レストラン、日本食料品店、免税店などのお土産屋、ツアー会社とツアーガイド、など日本語が使えることがスキルとなる仕事が多くなります。

また、どの都市に滞在中、仕事を探すかによっても変わります。働き先が一番多くあるのは、シドニーです。ケアンズやゴールドコーストのようなリゾート地では、日本人観光客に関連した仕事がメインになります。

英語力があれば仕事がある、と言うのはどこの都市も変わりませんから、英語力が仕事探しのカギになります。

また、以前はお金を稼ぎたい一部のワーキングホリデーがメインだったピッキングなどのファームワークも、現在は2回目のセカンドワーキングホリデーを目指して、田舎の果樹園や農場で働くワーキングホリデーメーカーが増えています。


どうやって仕事を探す?


日本人向けなら各州にある日本語求人サイトで情報収集


日本人向けの求人情報だけであれば、オーストラリア各都市の日本語情報誌の求人欄や、インターネット上の生活情報掲示板サイトなどで見つかります。


英語環境なら求人サイトと地元の新聞


英語環境での仕事を探すなら、求人は地元の新聞で探すか、オーストラリア国内での求人サイトで探します。地元の新聞でもまれに日本語を話せる人(Japanese Speaker)の求人広告がありますが、永住権保持者やオーストラリアの市民権を持っている人を対象とした求人が多いです。毎週土曜日にはジョブガイドと呼ばれる折り込み新聞が多く入っています。ワーキングホリデービザでは敷居が高いかも知れませんが、英語環境で働くことがワーキングホリデーの醍醐味ですから根気良く頑張りましょう。


確実なのは友達の紹介


確実なのは学校のクラスメート、シェアメイトなどの友達や知り合いの紹介、いわゆるコネです。知り合いのコネは、よほどの事がない限り確実性が高いですし、あまり求人をしていない職種は紹介だけで人を採用していると言う会社もあるくらいです。


足で稼げ!「飛び込み」


「飛び込み」と言う方法もあります。気になったショップ、カフェやレストランなどに履歴書を持参して、仕事はないか?などと直接自分を売り込みに行きます。

自分を売り込む西欧社会では飛び込みも珍しい事ではないですから、意外な展開が待っているかもしれません。前から気になっていたカフェに勇気を持って仕事がないか聞いたら雇ってくれた。という話も実は結構あります。


仕事と英語力

ワーキングホリデーで仕事を探す場合、どのくらいの英語力が必要か?と言えば、その仕事での英語を使う頻度、正確度などで大きく変わります。しかし、一般的にワーキングホリデーの方が得やすいホスピタリティ系職種ですと、以下のレベルが最低限必要な英語力として考える事が出来ます。(このレベルがあれば絶対に仕事が得られると言う保障にはなりませんので、あくまでも参考程度にされてください。)

Advanced以上 (上級以上)

・ローカル環境で全てが英語、日本人は自分だけ。しっかりとした態度も求められ、覚えることも沢山!


Upper Intermediate (中上級)

・ローカル環境で全て英語だけど、仕事内容の範囲が限定されるカフェやレストラン


Intermediate (中級)

・外国人顧客が多く、それなりのしっかりとした接客が求められる日本食レストラン
・ホテルやバックパッカーズ等の宿泊施設でベッドメーキングや掃除等のハウスワーク
・肉体労働で英語力不足を補えるファームワーク/農場。しかしファームワークも英語力があれば割りの良い仕事につけるかも・・


Pre Intermediate(初中級)

・日本食レストランの皿洗いなど、英語をあまり必要としない職種


Elementary(初級)

・残念、、この英語レベルで仕事探しは非常に難しいでしょう



美容師、調理士(シェフ)、整備士、などの「手に職系」
上記の職種「手に職系」は必ずしも英語力に左右されず別枠です。それぐらい技術のある人にとっては有利な市場です。
ただし、だからと言って英語力が必要ないか?と言えば違います。
やはり手に職の技術系の人でも Intermediate(中級)以上はあった方が良いでしょう。例えば美容師は、日本人以外の髪も切りますし、どちらかと言えば日本人以外の髪を切る機会が多いはず。シェフも自分以外のスタッフは英語だったりしますし、食材も英語表記です。整備士さんも同じく全てが英語です。しかし気落ちしてはいけません。裏を返せば、技術+英語で仕事探しはとても楽になります。

給料はどのくらい?

給料は職種によってバラつきがあります。ワーキングホリデーでは、税率約30%を所得税として納めることになりますから、実際の手取りとなると少なく感じる場合があります。

以下の表は職種による大体の平均給与額です。

キッチンハンド/ウェイター/ウェイトレス

・日本食レストラン  8ドル~12ドル前後

キッチンハンド/ウェイター/ウェイトレス

・ローカル環境カフェ、レストラン 12ドル~18ドル前後

調理師アシスタント

・日本食レストラン 11~15ドル前後

日本語ツアーガイド

・日系旅行会社 11~15ドル前後(研修期間除く)

日本語コールセンター

・オフィス 16ドル前後

販売員

・お土産屋 8~12ドル前後


キーワードは英語力
ワーキングホリデーでアルバイトできるかどうかのポイントは英語力に左右されます!
なんとなくワーホリできてしまって、英語もできず、アルバイトもできず、、で終えてしまうのはとても勿体無いです。
しっかり英語力を身につけるためにも語学学校には行きましょう!

詳細:ワーキングホリデーで語学学校