2012年11月7日

Kaplanパース校、Teaching Knowledge Testコース体験談

こんにちは!パース支店の吉原です。
前回に引き続き今回も自身の語学学校体験談をお届けいたします!

パースで1、2を争う人気校Kaplanで、一般英語コース8週の後に、Teaching Knowledge Test(通称TKT)コースへ変更し、5週通いました。今回はそのコースの体験談です!

TKTって何が学べるの??



Teaching Knowledge TestはTESOLと同じくケンブリッジ大学が認定する資格です。すべての英語教師に必要な知識のテストとなっており、下記のような内容を学べます(モジュールが1から3まであります)。

・英語を教えるさまざな方法
・英語教育のための語学
・教育資源の使用法
・レッスン・プラニングのキーとなる要素
・さまざまなニーズに対応する、クラスルームマネージメントの方法

教師としてのキャリア中いつでも受けることが出来き、児童、小学校、中学校、高校と、すでに教師として英語を教えている人、今から教えたい人、目標を持って、ご自身の教育スキルを磨きたい方など、どなたでも受けることができます。

私の場合、特に英語教師を目指して受講をした訳ではなかったのですが、元々教職免許を持っていることもあり、とても興味があるコースでしたので、受講をすることを決意。受講には一定以上必要ですが(※目安としてはIntermediate以上、Upper Intermediateレベルあれば尚可)、学校でプレテストがあり合格すれば、受講が可能となります。


コースを受けて良かったことについて。


TKTコースを受けて、良かったことを3つ、ピックアップしてみます!

①曖昧だった文法など細かいところも、「人に教える」という側面から再度整理して学ぶことができたこと。
②発音練習が豊富!!何より自分の意識も変わったこと。
③模擬授業やプレゼンテーションへのフィードバックが個別にもらえたこと。


①については、一般英語コースと大きく違う点は、英語自体を学ぶのではなく、特に文法に集中して、英語を教えるために、どう伝えればよいかという視点で、文法を整理し、学ぶことができたこと。
その為には、今まで聞いたことのなかった文法用語が沢山でてきます(モジュール1)。
テストの為にそれをひたすら覚える、というのはあるのですが、授業ではディスカッションが多く、例えば、must,have to,shouldの使い分け方を説明するには?といった内容など生徒みんなで考えます。
授業の講師は2人の先生が担当してくれましたが、授業中に間違ったことなどしっかり意見して教えてくれます。私の場合、どんなシーンでも癖で、shouldを使っていたため意味が曖昧だったことなどを発見することができました!

297225_163592403715429_7546032_n
これは実際に外国人向けの英語書籍を探しに行った課外授業の一コマ。クラスメートには元先生もいたりと、とてもモチベーションが高い人が多く励みになりました!

次に②について。英語が母国語でない生徒に英語を教える場合に特に必要なことは、英語の発音。先生の英語の発音がクリアで聞き取りやすいことは英語の先生の基礎ですよね。
このコースでは、細かい発音の成り立ちから教えてくれ、模擬授業でしっかり直されます。発音集中コースとはまた違いますが、正しい発音に必要なことを知識面からも学ぶことができました。

そして③つ目。
以下は、実際にグラマーの模擬授業を行った後の先生のフィートバックです。

430720_329576177141057_1153904086_n
5週という短いコースの中で、週に最低1回は模擬授業があり、何とコースの最終週には一般英語コースの生徒に向けて数十分、実際の授業を担当します!その模擬授業に向けて、みんなで必死に授業のプランを考え、練習し、先生にフィードバックを貰い、また練習!!と、特訓します。
その際一番活かせるのは、上のような毎回の先生フィードバック。(例によって、私は、mustとhave toの意味を混乱していると指摘を受けております。反対の意味を教えてしまっておりました。汗)

先生のご指導と一緒に授業を行ったクラスメートのお陰で、何とか無事終了!実際に授業を行ったクラスの生徒からも最後にアンケートといただき、楽しかった!というコメントを貰えたことが今でもとってもよい思い出で、大切にとってあります。
コース終了後に、テストも受験し、各モジュールの結果もまずまずでした。それも充実したコース内容のおかげです。


そして最後に余談ですが、Kaplanでは卒業の日に生徒の前でスピーチをします。
(これがまたかなり緊張します。。。)
でも、TKTコースを受けて終わった後だったので、生徒の前のスピーチも思ったよりは緊張せず(といってもやっぱり得意の早口にはなりましたが)、、話ができました。
多くの人の前で「英語を話す」という経験をコース内で積めたからこそ、だと思います。
※お恥ずかしいので写真は小さめに。。。


来年以降のコース日程について!


Kaplanパース校でのTKTコースは今年分は終了しておりますので、来年の日程をご案内いたします!
3月18日、8月5日から、それぞれ5週を予定しております。開催日には限りがあるのですが、この期間にKaplanへの就学をご検討の方はぜひぜひお早めにご相談くださいね。
パース校以外でも開催校はございますので、皆様からのお問い合わせをお待ちしております♪