2013年10月14日

就職に活かせる人気コースご紹介!TAFE WA来年2月入学受付中

様々な専門スキルが学べる!パースにある州立専門学校TAFEの現在来年2月開講のコースで入学者を受け付けています。語学留学以外でオーストラリアへの留学に興味がある方、検討中の方必見!TAFEはコースにもよりますが、大きくは2月と7月に入学日が分かれています。その2つで開講数が多いのは2月入学となっています(ただ、中には7月入学のみのコースもあります)

最近皆さんからのキーワードとして、海外での就職、日本での就職に活かした内容を学びたいという方が多くなってきました。そこで今回は「就職に役立つ!」TAFEの人気の専門コースをご紹介します。


TAFE WAって?


西オーストラリア州立専門学校です。全体で専門コースが200以上の開講があり、地元のオーストラリア人や多くの留学生が学んでいます。留学生用のコースもオーストラリアでの専門学校では一番多く知名度だけではなく、業界とのつながりも密接です。英語力に自信がない方は付属の英語コースでしっかり英語力を磨くこともできます。


代表的なキャンパス


TAFE WAは西オーストラリアに多くのキャンパスを持っています。パースで留学生が通われるキャンパスとしては代表的なものを下記に挙げます。


・Central Institute of Technology Northbridge/Leederville Campus
・Challenger Institute of Technology Fremantle Campus
・Polytechnic West Bentley Campus
・West Coast Institute of Training Joondalup Campus

DSC_0088

人気コース紹介


英語+専門知識を武器にスキルUPを目指せる分野別、人気コースのご紹介です。

Hospitality

人気のクッカリーコースから、ツーリズム、イベントなど多彩なコースを開催。クッカリーの中でもAsia料理をメインにしたコースやパン、パティスリー、ケーキなどに特化したコースなどもあります。まさに、手に職!の代表的な人気コース。また最近は、東京オリンピック開催決定ということもあり、ツーリズムコースもこれから狙い目。
ちょっと変わったところではワイン産業のコースなんかもあったりします。


コース名Certificate Ⅲ in Hospitality(Commercial Cookery)
コース料金授業料 14,000ドル(その他、教材費、ユニフォーム代別途)
コース期間1年
コース開始日2014年2月、7月
必要英語力IELTS 5.5(各5.0以上) 必須
キャンパスベントレー、ジュンダラップ、フリーマントル他、4キャンパス

コース名Certificate Ⅲ in Tourism
コース料金授業料 5,450ドル
コース期間6ヶ月
コース開始日2014年2月
必要英語力IELTS 5.5(各5.0以上) 必須
キャンパスセントラル

Business

帰国後の日本での就職にも役立つ!コンピュータスキルや、事務スキルなどを学べる下記のビジネス基礎コースはやはり人気。女性に人気なバックオフィス(秘書など)、アシスタント業務の基礎を学ぶ、ビジネスアドミニストレーションコースもあります。最近は事務全般というよりもマーケティングや、アカウンティング(経理)や、人材管理(ヒューマン・リソース)などに特化したコースも近年人気が出てきています。日本で事務の業務をしていた方だけでなく、未経験の方も学ぶ方も多くいらっしゃいます。


コース名Certificate Ⅲ in Business
コース料金授業料 5,250ドル(教材費別途)
コース期間6ヶ月
コース開始日2014年2月、7月
必要英語力IELTS 5.5(各5.0以上) 必須
キャンパスセントラル、フリーマントル他、2キャンパス

コース名Certificate Ⅲ in Marketing
コース料金授業料 5,450ドル
コース期間6ヶ月
コース開始日2014年2月、7月
必要英語力IELTS 5.5(各5.0以上) 必須
キャンパスセントラル、フリーマントル他、3キャンパス

コース名Certificate Ⅳ in Marketing
コース料金授業料 5,450ドル
コース期間6ヶ月
コース開始日2014年2月、7月
必要英語力IELTS 5.5(各5.0以上) 必須
キャンパスセントラル、ジュンダラップ、フリーマントル

Health Community Services

福祉系に特化したコース。下記のエイジド・ケア(高齢者介護)やチャイルド・ケア(保育)を始め、デンタル・アシスタント(歯科助手)などもあります。
日本でも年々ニーズの高まってきており、就職先も多いことから、帰国後もこの分野で仕事に就きたい方にも魅力。コース受講は未経験でもチャレンジができます。


コース名Certificate Ⅲ in Aged Care
コース料金授業料 5,500ドル(教材費、ユニフォーム代、別途)
コース期間6ヶ月
コース開始日2013年7月、2014年2月
必要英語力IELTS 5.5(各5.0以上) 必須
キャンパスリーダビル、ロッキンハム、他5キャンパス

コース名Certificate Ⅲ in Children Services
コース料金授業料 11,000ドル
コース期間1年
コース開始日2013年7月、2014年2月
必要英語力IELTS 6.0(各5.5以上) 必須
キャンパスリーダビル、ジュンダラップ、ロッキンハム、他6キャンパス

※上記の全てのコース詳細は、他のコースも併せて履修をされる場合などで、入学条件や選べるキャンパスが異なる可能性があります。詳しくはお問合せくださいね。

本日は、Leedervile Campusで人気のAged Careを学ばれたYasukoさんの体験談をご紹介します!


エイジドケアコースを選んだ理由はなぜですか


日本で看護師をしており、オーストラリアでは今、学生をしながらNursing homeで働いているので、Aged Careを勉強してみたいと思うようになりました。


授業内容を具体的に教えて下さい


Aged Careに関するUnitは全部で12科目あります。
内容は、Cultually diverse(文化や宗教の違いによる影響とそれに対しての対応)、Positiveageing(健康的な老い方)、Personal care(日常生活上のケア)、Aged care structure(老人介護の仕組みやサービス)、Dementia(痴呆について)、Bodysystem(身体の仕組みと加齢による身体への影響)、Palliative care(苦痛緩和、終末期ケア)、Disability(障害のある老人に対するケア)、Ocupational Health and Safety(ケアワーカーの安全)、Manual handling(日常生活上のケアの校内実習)、Documentation(記録)、Field placementはNursing home(老人ホーム)での実習でした。どの先生方も、指導がとても親切でした。
授業も重要ポイントを抑えつつ、さらに先生自身の経験談も交えるなど学生が興味を持てるように工夫されていたと思います。


クラスの雰囲気を教えて下さい


クラスメイトの80%はアジア系の留学生で、オーストラリア人学生は少なかったです。年齢層は、10代後半から50代まで様々でした。留学生が多いので、英語が堪能でなくても気後れすることなく、授業を受けることができました。
わからないところなど、助け合いながらだったので、クラスの雰囲気は和やかでした。


受講して良かった点を教えて下さい


看護師の経験があるので、Aged Careを勉強していなくても、Nursing homeで働く際、特に困ったことはなかったのですが、このコースでいろいろ理論を英語で勉強したことで、老人の方たちへのケアを自信をもってすることができるようになりました。


今後の課題や目標を教えてください

Certificate IV in Aged Careを続けて学びたいです。
また、オーストラリアで看護師として働けたらいいなと思っています。

DSC_0073

来年2月開催コースはご紹介をしたコースの他にも、まだまだあります。「詳しい入学条件は?」「英語力にまだ自信がないけど興味あり」「日本で看護師をしていたけど、お勧めのコースは?」など、何でもお問合せください。他の都市のTAFEのコースのご紹介も勿論お任せください。弊社でお一人お一人にあった留学プランをご提案します。