2014年8月1日

シドニーで学ぶ英語教授法コース

ワーキングホリデーや留学で、「何か資格となるものを得たい」という方、将来英語教師を目指される方、そして現役の英語教師の方で更なるスキルアップを目指したいという方からも多くお問い合わせを頂く、英語教授法を学ぶTESOLコース
日本の小学校でも小学校3年生から英語教育を開始するという方針が発表され、ますます英語の必要性が重視されている中で注目のコースです。
今回はシドニーで学べるTESOLコースをご案内します

Navitas English ATTC(ナビタスイングリッシュATTC)


photo (29)

Navitas Englishは校内は英語のみのイングリッシュオンリーポリシー。長期で学ぶ留学生も多い英語学校です。
この学校で特に特徴として上げられるのが、ATTC(英語教育機関)による英語教師養成コースです。

1983年にATTCは、オーストラリアで初めて英語教授資格の中でもイギリスケンブリッジ大学ESOL Examinationの提供する英語教授資格であるCambridge Certificate in English Language Teaching to Adults(CELTA/セルタ)の資格取得コースを開講し、名実ともに英語講師養成校の実績がある学校として知られるようになりました。

Navitasでは3 Steps to TESOLという
ーEnglish for teaching Children(児童対象 4週)
ーEnglish for teaching Teenager(中学生対象 4週)
ーCeritificate IV in TESOL(成人対象8週)
の3つの年代を対象とした教授法をを組み合わせたプログラムがあり、一貫教育を受けられるのが大きな特徴!
3 Steps to TESOLでもコース期間は16週間と、ワーキングホリデービザの方でも受講出来るのは大きなポイントです。
(※3 Steps to TESOLの3コースのうち、各コース1つ、または2つの受講というアレンジも受講も可能です。)

English for Teaching Children、English for Teaching Teenagerは教科書を読む、教科書の問題をやる、レッスンプランを作る。
TESOLはそれに加えて、講師が作ったレッスンプランのサンプルを自分のプランとして練り直して、その理由を纏める、サンプルと自分で作ったレッスンプランの比較についてショートエッセイを書くということもあります。

またオーストラリアでは移民、難民、永住権保持者を対象に、510時間の無料英語プログラム(AMPEーAdult Migrant English Program)を提供しており、Certificate IV in TESOL修了の方は、4週間までアシスタントティーチャーとしてインターンシップに参加する事ができるのです。
インターンシップ手配料は、なんと無料!
Certificate IV in TESOLで学んだ事を、現地の英語コースでのインターンシップで実践することが出来ます。


コース名 3 Steps to TESOL
入学条件 IELTS4.5または学校指定レベルチェックテスト合格
入学時期 10月7日、2015年2月23日、6月15日、10月6日
コース期間 16週間
コース費用 入学金225ドル、授業料6,793ドル、教材費210ドル、現地小学校見学費用220ドル

コース名 English for teaching Children
入学条件 IELTS4.5または学校指定レベルチェックテスト合格
入学時期 10月7日、2015年2月23日、6月15日、10月6日
コース期間 4週間
コース費用 入学金225ドル、授業料1,558ドル、教材費85ドル、現地小学校見学費用110ドル

コース名 English for teaching Teenagers
入学条件 IELTS5.0または学校指定レベルチェックテスト合格
入学時期 11月3日、2015年3月23日、7月13日、11月2日
コース期間 4週間
コース費用 入学金225ドル、授業料1,558ドル、教材費85ドル、現地小学校見学費用110ドル

コース名 Certificate IV in TESOL
入学条件 IELTS5.5または学校指定レベルチェックテスト合格
入学時期 8月11日、12月29日、2015年4月20日、8月10日
コース期間 8週間
コース費用 入学金225ドル、授業料3,871ドル、教材費140ドル


International House Sydney(インターナショナルハウスシドニー)


IMG_0617

International House Sydeyは1953年設立以来の実績と42カ国に及ぶ世界最大のネットワークを誇るインターナショナル・ハウスワールドオーガナイゼーションのメンバー校です。
オーストラリアで唯一、J-shine、ケンブリッジ大学及びオーストラリア政府の認定を受けた英語教師育成訓練専門学校です。

IHはもともとが英語の先生になるための現地の専門学校でとしてスタートし教師のレベルが高いことが自慢の学校です。
また校内ではケンブリッジ大学認定の教師資格CELTAのコースを受講しているローカル学生が学んでいます。

IHのCertificate IV in TESOLコースでは上記のケンブリッジCELTAのノウハウを用い、実習を含むコミュニカティブ指導法に焦点を当てた実践的な学習方法を取り入れおり、コースの中では、教授法のメソッド、言語分析なども含まれています。
-教授の為のスピーキング、ライティング、リーディング、リスニング、グラマー、発音、句読点など
-レッスンプランの立て方と評価
-クラスで使う教材の評価と発展
-クラスマネージメント
-様々な勉強スタイルとモチベーションの理解
-トレーナーからのフィードバックについてなど

TESOLコースの実習時間は45分のレッスンを8回行います。
IHでは、海外留学生を対象とした英語コースが開講されていて、TESOLコースの実習は英語を母国語とされていない、英語を学びたい方を対象として行われます。

英語で英語を教える授業で、絵やジェスチャーを効果的に使ったり、難しい英語表現を易しい表現で言い換えたりと「英語を“生徒の理解の程度に応じた英語”でわかりやすく教える力」が鍛えらると好評です。


コース名 Certificate IV in TESOL
入学条件 IELTS5.5または学校指定レベルチェックテスト合格
入学時期 毎週月曜日
コース期間 8週間
コース費用 入学金200ドル、授業料3,500ドル、教材費150ドル
※キャンペーン(入学金、授業料、教材費全て込み)
3,500ドル(学生ビザ)、3450ドル(ワーキングホリデー、観光ビザ)
2014年12月末までにお支払い完了、コース開始の方を対象

英語教授法コース受講には、入学規定英語力に達している事が条件になりますが、学校指定のレベルチェックテスト受験のアレンジも可能です。
コース詳細についてや、テストをご希望の方、お気軽にお問い合わせ下さい。