2013年4月19日

Sydney English Languge Centre(SELC)コース大解剖

IMG_0239 ELS ユニバーサルイングリッシュカレッジ
Navitas English
に引き続き、3校目のご紹介です!

Sydney English Languge Centre(SELC)はシドニー市内中心より電車にて約10分、Bondi Junction (ボンダイジャンクション)駅より徒歩約4分の立地にある、シドニーでも歴史ある学校の一つです。
シティ校は2012年の5月にオープンしたばかりで、人数は50名~100名前後と小規模ですがSELCの先生のレベルの高さを活かしながらもアットホームな環境で英語を学ぶ事が出来ます。

それではSELCで開講されている各コースにご紹介していきます。

一般英語コース


_DSC5624
下のレベルでは、生活に必要なシチュエーションに沿って、会話中心のロールプレー、グループワーク、校内全てを使用したゲーム感覚の授業を行い、今すぐ使える英語を習得。体全体で英語を覚えていく練習をします。上のレベルへ行くほど、テーマにそったディベート形式の授業や、新聞のトピックについてのプレゼンテーション、エッセイを書くなどの授業も含まれていきます。

一般英語コースであっても教師歴10年以上のベテラン教師による授業で、短期集中で英語力アップを目指します。
他言語を話せる教師が多いため、私達日本人が第二言語を話す大変さを教師自ら経験していることで、いかに効果的に英語を伸ばしていくかを自分達の経験を踏まえてら教えてもらうことが出来るのも嬉しいところ。

水曜日は一日選択授業で、中級(Intermediate)レベル以上の学生は、Listening and Speaking/Grammar & Writing/TOEIC・TOEFL Test preparation/Australian Studies/Job – finding Skillsの選択科目の中から集中して苦手なスキルを学びます。

また、毎週火・木曜日には無料参加可能なアクティビティとして英会話クラスと金曜日に発音矯正・お仕事探し英語を開催。担当講師が1人ついて1時間きっちり行われ、他のクラスの学生とのスピーキングの練習になりとても人気です。

ポイント! 
・SLECは2担任制を採用、毎学期(各4週)に講師が交代します。英語も日本語同様に話す人によって表現が異なるもの。オーストラリア内でもシドニー出身、パース出身、ダーウィン出身等によっても異なるもの。SELCでは多くの教師の英語、さまざまな文化が生んだ異なる言語である英語に少しでも多く触れられる環境です。 
・教師はTESOLCELTATRINITY等の英語教師資格だけでなく、大学学士号保持者で、一定の経験を持つ教師を採用。採用にあたってはDirector of Study、Head Teachersの監督による授業を数回行ない最終決定しています。
・カリキュラムは20種類以上の教材を組み合わせて開発し、常に最新の内容をアップデート。
“コミュニケーション”に重点を置いて、ディスカッションやインタビューを通して会話練習の機会を多く取り入れた授業。最近スタートした、“Academic Term Report” ではスピーキング&リスニング、ライテイング、グラマー&ボキャブラリー&リーデイングの3つの分野の評価、金曜日の放課後に行われているチュートリアルへ参加した際のフィードバックなど、講師から学生の英語の伸び具合を明確に評価し、今後のスタディプランなどをアドバイスする面談が毎学期(各4週)行われています。

       

English for Academic Purpose (EAP)


DSC47661SELCの進学準備コース(EAP)では進学準備英語はもちろんのこと、進学後の成功にもつながる学習方法や知識(ノートの取り方、高度な読解力、リサーチ等)も身につけられるよう授業が構成されています。過去の実績により約45校の大学・専門学校とIELTS免除で進学が出来るダイレクト・エントリーの提携を結んでいます。

月毎に決められた課題についてリサーチ、ディスカッション、エッセイの作成、プレゼンテーションという過程で順次行い、月末にはテストを実施。エッセイの作成では、英文脈の構成方法、文章のバリエーション、言い回し方のテクニック、リサーチワークのコツ、リファレンス(参考文献)引用の記入方法も非常に細かくあらゆるワークスキルを学びます。プレゼンテーションでは、約2分間で与えられたテーマ課題の解説、問題提議、個人の意見をクラス内で発表し、ディベート(討論)では、自身の意見を主張する能力も身につけることができます。

各学期4週でで構成され、1~3週目では2つのエッセイ課題、4週目にはリーディング・ライティングテスト・プレゼンテーションがあり、これらの内容で成績の総合評価が行われます。
エッセイ、プレゼンテーションの課題では・・・

▼中級レベル: Learning/Environment/Modern Living/Economy/Innovation/Culture 150-250ワード
▼中級上レベル: Risk Taking/Communication Technology/Physical World/Human Behaviour/Work/Health 300-700ワード
▼上級レベル: International Relations/Addictions/Censorship 500-800 ワード
などが挙げられます。

ポイント!
・アカデミックカウンセラー・EAPコーディネータでもある講師、そして大学での講師経験のある講師も在籍しておりEAPを担当することがほとんどです。他にも10年以上の経験豊かな講師がEAPコースを担当。一般英語コースと同じく2担任制です。
・昨年2012年では50人以上、過去3年間では160人以上のEAPコース卒業生がオーストラリアの専門学校、大学・大学院へ進学。
・アカデミックカウンセラー・EAPコーディネーターである講師が進学相談も担当しており、またボンダイ・シティキャンパスにて日本語での進学相談もちろん可能となっています。

 

ケンブリッジ検定準備コース


_DSC5234外資系の企業で働きたい、海外でキャリアを築きたい!
英語を総合的に伸ばしたい、留学の総仕上げとして使える英語を身につけたい!
高等教育機関への進学を目指している方

にお勧めのケンブリッジ検定準備コース。
SELC在籍10年以上のケンブリッジ検定試験官が複数在籍し、この試験のノウハウを熟知したベテラン講師が指導するので、高い合格率を誇っています。

ポイント!
ケンブリッジ現役試験官による授業と本番さながらの面接模擬試験を受ける事が出来る
・月曜日から木曜日の放課後に分野別の模擬試験、またコース期間中に2回の全分野に渡る総合模擬試験を実施。授業時間を削ることなく、模擬試験は放課後に行われます。
ケンブリッジ検定準備コース小旅行。ケンブリッジというハードな授業の息抜きで、同じ目標に向かう仲間と親睦をより深められる
・昨年までの合格率は85%以上(FCE、CAE、CPE)。
(ネイティブレベルに相当すると言われるCPEレベルでは、今年3月の公式試験結果で6名受験中5名が合格という実績。そのうち日本人学生1名。)
・ケンブリッジ検定準備コースに入るための準備コース(ジェネラル・イングリッシュ・スーパーコース)もあります。


IELTS試験対策コース


IELTSの現役試験官も多数在籍しているコース。
IELTS最高試験官でSELCで長年講師として教鞭をとっていたAndrew Thomasを初めIELTSに精通した講師陣が総力を挙げて開発したカリキュラムを使用しています。分野別のテストテクニックの指導、リスニング・リーディングの傾向分析、文章分析力の強化、傾向をつかむための内容が組み込まれています。

ポイント!
・毎週模擬試験を行っており、放課後はDirect of Study, Head teacherや現役IELTS試験官である講師とのスピーキングの練習、チュートリアルが随時行われています。
・IELTSのプレテストセンターの認定を受けており、IELTS協会が作成する本番さながらの模擬試験や最新のIELTS教材を使用して勉強が可能。
・IELTS最高試験官のAndrew Thomasは現在もSELCの顧問的存在として定期的にSLECを訪問し、校長や教師陣と意見交換の場を持っています。


Business English


ビジネスで使われる英語、ビジネス文書の書き方から、戦略、交渉、文化、マナー、考え方、異文化の理解など、実践的なレッスンを行います。
週ごとに定められたテーマ(ビジネス戦略、マーケティング・広告、経営スタイル、カスタマーサービスなど)に沿って授業が進められます。

ポイント!
・ビジネスコミュニケーションコーディネーターをはじめ、他国でビジネスマンに英語を教えてきた経験のある講師が複数在籍しておりコースを担当することがほとんどです。
・SELCでは世界約30カ国以上から集まっている学生がいるため、その学生と共に学習することにより、国際ビジネスを行う上で重要となる異文化コミュニケーション能力ビジネス感覚を身につけることが出来ます。社会人経験、ビジネス経験のある学生も多くレベルの高い授業を提供しています。


English for customer Service Communication


Untitled英語を使ったお仕事に就きたい!
カフェやコーヒーに関する知識を身につけたい!
将来カフェや飲食店を経営したい!

という方向けの人気コース。
カフェやレストランなど接客英語で使うコミュニケーション英語と、働く際に必要な知識と技術を習得する4週間集中コース。
シドニーで初めてできた接客英語専門コースで、英語力に自信がないな・・・という初級レベルからでも受講ができます。

オーストラリアはカフェ大国。本格的なコーヒーマシンを使用し、自分達で企画運営するSELC Cafeで実際に校内の学生に販売することで、本当の接客を体験し自信をつけることができます。
SLEC Cafeでは学生の午前の休憩時間に毎日オープンし、コーヒー1杯1ドルで販売。1日生徒各自が、会計、バリスタ、マネージャー、ウェイター/ウェイトレス等の役割を担当し、毎日交代して、それぞれの英語技術を実践を通して学びます。
沢山の学生・講師が買いにくるので、1日100杯以上売り上げる日も多々あります。

UntitledUntitled

ポイント!
・バリスタ講師暦10年の先生をはじめとした経験豊富な講師が担当。
・校内のカフェ施設にある本格的なコーヒーマシンを使用してエスプレッソ・マキアート・カプチーノ・カフェラテなど各種コーヒーの作り方をマスター。
・カフェシーンを想定したロールプレイングによる接客英語やコーヒーの知識を身につけ、クレーム処理技術にも力を入れています。
・一日100杯以上コーヒーを作ることもあり、お仕事の探し方もコースの中に含まれます。
・シドニーの老舗、シドニーコーヒースクールでの実習も含まれており終了後は種類の修了証(サティフィケート)を取得できます。
・卒業後はバリスタとして即仕事を獲得できるほどのスキルが身に付けられ、多くの学生が卒業後、カフェでの仕事を獲得しています。


SELCキャンペーン


・7週間以上お申込み+1週間無料
・10週間以上お申し込み+2週間無料
・14週間以上お申し込み+3週間無料
・20週間以上お申し込み+4週間無料
*24週以上お申込みに方に限り、ケンブリッジ英語検定コースは追加料金なしで受講いただけます。(試験代は別途必要)
*2013年4月30日までにお申し込みの方

コース選びやプラン、費用お見積もりなどなど、お気軽にお問い合わせ下さい!