一生使える医療英語と看護士資格

オーストラリアで看護留学

オーストラリアは世界でも有数の、医療福祉先進国といわれています。まず、オーストラリアでは看護教育の中で、患者の権利、プライバシーについて、道徳的・人道的観点にもとづく非常に徹底した訓練がされます。近年、日本の医療現場でも問題にされている 病気の告知、病状の把握、治療の選択(インフォームド・コンセント)などの重要性についても、早くから注目されていることからも、オーストラリアの医療水準の高さを知ることができるといえます。

さらに、「コミュニケーションやケア」といった、看護をする上で必要な{理解と経験」を重視しており、例えば、日本の看護教育に比べると、平均 25パーセント程、臨床研修時間数が多く必要とされます。この他、看護士コース内の、選択科目の幅も広く、日本では医療行為と認められていないアロマセラピー、指圧、リフレクソロジ-、アートセラピーなどの分野もコースの中に含まれています。

またオーストラリアでは、日本と違い、看護士になるために国家試験を受験・合格する必要はありません。オーストラリアで看護士になるには、英語圏で看護士として必要とされる英語力・適正な学歴と臨床経験が必要となります。


看護留学の種類と方法

医療英語・看護教育を学ぶ

人体について、症状について、病状に重点をおいたケアプランに関して、解剖について、などより実践的な科目を用意しています。健康、医療業界の専門用語やコミュニケーションなどを英語で学びたい方のためにデザインされたプログラムです。 健康、医療業界の専門用語やコミュニケーションなどを英語で学びたい方の為にデザインされたプログラムです。より実践的な内容になっていますが、

未経験の方でも学べますが、すでに母国語で医師、看護士、歯科医、薬剤師などとして働いていた、もしくは勉強をしていた経験のある方にはとても実践的な授業内容です。患者や同僚とのコミュニケーションのとり方、病歴や症状を聞く、医療書類やオーストラリアの医療、病院事情に関しても学ぶことが出来ます。
日本に帰国した際に「英語の話せる看護師」として従事されたい方には最適です。


OET試験合格で正看護士登録を目指す

日本にて4年制大学卒で正看護士資格を保持しており、また看護学歴・臨床経験がオーストラリア看護協会で制定されている正看護士になるための教育・経験と同等であると認定され、規定の英語力を満たした場合には、オーストラリアの正看護士として登録することができます。

日本の4年制大学卒で正看護士として臨床経験があり、キャリアをお持ちの方は、このOET試験対策プランは、看護留学をすることで大きなチャンスになるといえます。

おススメの看護留学プラン
OET試験対策の看護留学プラン

海外で老人介護

現地の専門学校での介護師コースで正資格、全豪で認められたCertificate III in Aged Care (老人介護ケア)の取得を目指すプランです。ワーキングホリデーで単なる英語学習だけで終わらせたくない医療・看護経験のある方に最適です。


大学から看護師資格と就職


現地の大学で看護学部へ入学し、オーストラリアの正看護師資格を目指す留学プランです。(コースの名称は大学によってことなります。)

大学によっては、日本での正看護師資格で看護学部のコースが1年間になるコンバージョンコース(アデレードのフリンダース大学、パースのカーティン大学)を開講しています。入学時期、費用、必要書類、進学方法、など詳細をご希望の方は、下記オーストラリア留学センター<進学版>をご参考ください。

オーストラリア留学センター<進学版>
オーストラリアの正看護師

オーストラリアで医療英語を学びたい、OET対策を勉強したい!という方、ぜひお問い合わせください。