イーエルエス・ユニバーサル・イングリッシュ・カレッジ

CRICOS:00053J

イーエルエス・ユニバーサル・イングリッシュ・カレッジの学校見学

同校では、入学テストは学校開始日に行われ、リーデング・ライティング、スピーキングをチェックします。授業は、1週間に1つのトピックで進められていきます。そして4週間に1回英語のレベルチェック試験が実施されていますので、自分の英語力の伸び具合を測ることができます。宿題はクラスレベルと担当教師によりますが、基本的には随時出題されます。
アクティビティーは、とても充実しており、ホワイトボードに向かっての授業だけでなく、楽しみながら学習できる環境です。

午後の選択授業は、月・火曜日で1トピック、水~金曜日で1トピックの2つを選べます。内容は発音矯正や文法などがあり、そのほかにIELTS試験対策が用意されています。選択授業のあとに、セルフスタディー(自習時間)があり、教師の監督のもと学習を進めることになります。選択授業の内容を各自で復習する時間として設けられています。そのあとは、図書室やパソコンを使用して、引き続き希望者のみ学習することができます。

その他、進学のためのパスウェイが用意されており、進学予定者向けに開講されている進学英語コース(EAP)は、レベルが高いと学生からの評価を得ている学校です。実際に、進学率も伸びています。IELTS試験対策は、前記したように選択授業で勉強することが可能です。

<時間割>
08:45~10:15 授業
10:15~10:30 休憩
10:30~12:00 授業
12:00~12:45 ランチ
12:45~13:45 選択授業
13:45~14:45 授業
14:45~17:00 フリータイム(自主学習時間)

クラス内の生徒の国籍は、出来る限り偏らないように配慮されていて、同じ国籍同士は隣の席には座らせないということも実践。クラスでも常に英語を使う環境を提供しています。また、多くの学生が授業以外でも英語を使って話をしていました。教室は広くもなく狭くもない普通のサイズですが、スタディーデスクは椅子と机が一体になっているものを使用しています。机部分が結構小さいので、使い慣れるまで少し時間が掛かりそうです。\r

カウンセリングルームは、多くの学生たちで賑わっていました。現地発行の日本語媒体などの情報誌が置かれているので、シドニーでの生活に必要な情報を入手することが可能です。また、学生が利用可能\な私書箱も設置されています。キャンパスには医務室のようなベッドが設置されている部屋があり、海外より到着された学生が休養を取れるよう用意されています。リスニングのための専用ルームもあります。
図書室はかなり充実しており、1:45~5:00p.m.まで利用できます。置かれている英語教材には英語レベルごとに色分けされたシールが貼ってあったり、英語教材とテープとセットになったものが1つのバッグに用意されていたり、英語の歌とテープもありますので、自由に使用することができます。コピー機は、1回20セントで使用できます。また、学生が利用可能なパソコンは、32台あります。



キャンパスの立地条件の良さや英語教師の明るい雰囲気、学生たちが授業時間以外でも英語を使って話をしていること、図書室などの自習の体制が整っていること、クラスが細かく分けられているので自分のレベルにぴったり合ったクラスで勉強ができること、アクティビティー内容の充実度などから、総合的に質の高い学校といえます。授業料がほかの学校に比べて高いのが気になりますが、値段相応の内容を持っている学校ですので、お勧めできます。学校訪問時は、Mr.Jhon(担当者)に会いましたが、校内を回っている時も学生たちとよく挨拶をしていて、とても好感のもてるスタッフでした。