世界一住みやすい都市メルボルンに留学してみませんか?

メルボルン留学がお薦めの理由!

今年で「世界で最も住みやすい都市」に4年連続で選ばれたメルボルン。そんな、メルボルンの魅力をお伝えしたいと思います。

メルボルンはシドニーに次ぐ、オーストラリア国内で第二位の人口を有する都市ですが、シドニーとはまた趣が違い、メルボルンは歴史的な建造物や文化の残るゆったりとした街なのが特徴です。

また、メルボルンを知るには時間がかかるといわれます。確かにメルボルンで生活していると、日々新しいことに気が付かされます。しかし、時間をかけて魅力を味わうことができる場所は、一生記憶に残ります。よく保護されているビクトリア時代の建物の周囲を歩き、夜は川の上に都市の輪郭が光っているの夜景を見てください。メルボルンは、他都市と違い、特別な美しさや魅力がある都市です。

4年連続、「世界一住みやすい都市」に選ばれました

r308442_1352266

今年もメルボルンは「世界で最も住みやすい都市」に選ばれ、これで2011〜2014年迄、4年連続の受賞となりました。「住みやすい」と一言で言っても、費用面だけのランキングだけではありません。安全面や、公共交通機関の充実度など、メルボルンは総合評価として高い評価を得ており、留学生にとても住みやすい都市です。

年間を通して行われる、多種多様なイベント

オーストラリア国内で開催される、国際的なビッグスポーツイベントのほとんどは、メルボルンが開催地となります。世界の4大グランドスラムでの一つ、全豪オープンテニスや、F1グランプリ、そして、オーストラリアで最も大きい競馬のレース、メルボルン・カップの開催地も、メルボルンで行われ、上記以外にも有料、無料を含め、年間を通して様々なイベントが催されています。

個人的なオススメは、ボタニックガーデンで夏に行なわれる、「Myer Free Concerts」や、野外映画となる「Moonlight Cinema」です。

世界でも有数の、カフェ文化が定着する都市

seven-seeds

メルボルンといえば、”カフェの街”。カフェの数は、シドニーやパリよりも多く、独特なアレンジのコーヒーやメニューが多いのが特徴です。そして、どのカフェも基本はもちろん、コーヒーが苦手な方でも、スイーツにこだわったり、隠れ家的な場所を探したりなど、「お気に入りのカフェ探し」はメルボルンに滞在中に是非していただきたことの一つです。

もちろん、当社メルボルン・スタッフもコーヒーは大好き。当社オフィス近くのオススメカフェから、学校近くのカフェ。または、ぜひ週末に足を運んで欲しいカフェなど、現地の美味しいカフェ情報は現地到着後に、私達がお伝えします!

質の高い教育機関が集まる都市

photo_5743_1392160675

「学生の街」と呼ばれているメルボルンには、多数の有名大学があり、世界各国から留学生が集まります。

これは学校間の競争率にもつながり、より留学生が高いレベルで勉強できるよう、多くの学校で質の高いコースが開講されています。これは私立の語学学校にも同じく言えることで、ワーキングホリデービザでしっかり学びたい方はもちろん、長期留学を視野に入れる生徒にとっても、オススメの都市と言えます。

温暖で快適な気候

Melbourne students

メルボルンの気候は、「一日の中に四季がある」と言われますが、年間をとおしてみれば、非常に過ごしやすい気候の都市です。冬季の平均気温は14度、夏期の平均気温は30度で、毎月の平均降雨量は55mmです。この微妙な美しさと多様性のために、長く住めば住むほど、さらにメルボルンが好きになります。

特に夏のメルボルンは最高です。市内で沢山の野外イベントが行なわれ、公園でピクニックや、BBQをしながら時を忘れて話し込むこと間違い無しです。朝はマーケットでバゲットとハム・チーズを買い、近くの公園で朝食。昼はお友達とカフェに出かけ、夜はビアガーデンでメルボルニアン(メルボルンっ子)達と飲み会わす。そんな一日を過ごせるのも、メルボルンならではです。

仕事(アルバイト)の数も豊富

IMG_0961

メルボルンの人口は、2014年現在シドニーに次ぐ第二位です。しかしメルボルンの人口増加率は、シドニーよりも早く、このペースであればシドニーの人口を超えることが予想されています。人口増加が進むことは、雇用の機会や種類が増えるということにもなり、ワーキングホリデーや学生ビザ期間中のアルバイトは非常に見つけやすいです。もちろん、アルバイト中でも企業に能力(英語力と技術)が認められ、長期就労につなげている方も沢山います。

公共交通機関が充実!

E series trams

メルボルンでは、電車、バス、トラム(路面電車)が街中を走っており、シティ中心からクモの巣状に、路線が張り巡らされているため、公共交通機関だけでメルボルン周辺のエリアは、どこにでも足を運ぶことができます。

食文化が豊か

Worlds Longest Lunch

多彩な食文化はメルボルンの魅力。食べることが好きな人にとって、メルボルンは最高です。食に通じるイベントは、年間を通して盛り沢山!

また、各国の移民街を中心に、イタリア料理、スペイン料理、ベトナム料理、マレーシア料理、タイ料理、韓国料理、中華料理など様々な料理が揃っています。リーズナブルでカジュアルなお店から、超高級店まで様々なレストランを楽しめます。

別名「ガーデンシティー」

GardenCity800

メルボルンは、街中に緑があふれ、市内のいたるところに公園があるため「ガーデンシティー」とも呼ばれています。どの公園も手入れがよく行き届いており、メルボルン滞在中に公園巡りが好きになる事、間違いなしです。