2014年5月27日

留学を充実させる8つの方法

本日は、1年の語学留学を経てワーキングホリデーでの滞在を終えられるMariさんに御自身のご滞在の体験を元に、「留学を充実させる8つの方法」についてお伺いしました。これから留学を考える方、現在滞在中の方にとっても、参考になる意見が満載です!


379216_485581138151364_2032752583_n

留学の目的・目標をはっきりする!


私が留学を決めたのは大学3年の夏の海外ボランティアがきっかけでした。私の大学は休学しても費用が発生する学校だったので、卒業後留学という道を選びました。留学のきっかけ、目的は人それぞれだと思いますが、留学中にどういったことをして、どういった経験をするか目標自分設定が大切だと思います。それはなぜかというと、長期の留学生活になればなるほど自分自身も生活に慣れてきてだれてきたり、目標や目的をしっかりとしていないとただ単に無駄に時間を過ごしてしまいがちになるからです。なので、留学前に留学期間中のプランをしっかりと組み時間を有効に使うことが充実した留学生活を送るための鍵になると思います。例えば1年間の猶予があるなら、最初の何ヶ月はこのコースでこれを学ぶ、それが終わったらこのコースでこれを学ぶといったようなしっかりとしたコースの期間配分が少しでも時間を無駄にしない効率の良い勉強法だと思います。


留学前に英語の準備を!


留学前に英語を事前に勉強しておくおかないとでは、かなり留学のスタートが変わると思います。それはなぜかというと、まったく英語ができない状態でいくよりは、少しでも文法の復習や語彙力をあげてから行ったほうが海外に着いてからの生活が少しでもスムーズになるからです。また、語学学校に行くと必ず、英語の能力別のクラス分けテストがあります。そのクラス分けで上のクラスに行けば行くほど、日本人率も少ないですし、周りの生徒の英語力も高いので英語力が高められると思います。


クラスは自分のレベルよりも少し上がベスト!


クラス分けをされた際に授業のレベルが自分にあっているかどうか確かめるのも一つのポイントだと思います。自分のレベルよりも少し難しいと思ってもクラスは下がらずそこに必死でついていく位がちょうどいいと思います。自分よりも常に高い英語レベルの人たちといることが英語力を伸ばす鍵になるからです。でも、予習や復習をしてもあまりに授業についていけず極端にレベルの差を感じるようであれば一度先生の意見などを聞いて相談することをお勧めします。


548874_457437097632435_2024332397_n

一般英語コースは長くとらない、英語力があるなら他のコースに積極的にチャレンジ!


私が語学学校で感じたのは、みなさんがまず最初に入る一般英語コースとケンブリッジコースやTESOLコースといった専門コースの違いです。一般英語コースは、初めての海外生活で最初の英語環境になれるためには良いと思いますが、ある程度のレベルまで達し、他のコースを受けられる英語力があるなら一般英語のコースから他のコースに移った方が英語力を伸ばすのに効果的だと思います。なぜかというと、一般英語は生徒のモチベーションも様々であまり英語を積極的に勉強しようという雰囲気が感じられません。また宿題も他の専門コースに比べ、少ないです。それに比べてケンブリッジコースなどの専門コースは一定の期間クラスメイトは変わりませんし、クラスメイトもみんなテストに合格するためなどモチベーションが高いので、お互いに刺激し合いながら勉強できます。先生も専門的に勉強している先生だけあって質が高いですし、宿題もたくさんあるので追い込まれて勉強すること間違いなしです。なので、ある程度の英語力がついてきたなら、他の専門コースを受けることをお勧めします。


Navitas English Perth 201011

定期的にテストを受ける!


私が1年間の留学を通して感じたのは、留学の期間が長ければ長いほど、定期的にTOIECや他の英語のテストを受けて目に見える結果を出すことが必要だと思いました。期間が長いだけに、ただ学校に通うだけとなると、生活にも慣れ勉強のモチベーションもだんだん下がってきます。定期的にテストを受ければそれに向かって頑張って勉強し、なおかつ結果として目に見えるので、モチベーションも上がると思います。私の場合、外国人の友達と一緒に生活していく中で、スピーキングが慣れあまり生活に支障がなくなり、英語ができるようになったと思いこんでいましたが、文法や語彙が全然伸びていないことに気付きました。今思えば、本当に定期的にテストを受けて危機感を感じていればよかったなと思いました。


602697_567920716584072_563407574_n

色々な国の人と関わる、違う文化を楽しむ!


留学の醍醐味といえばなんといっても異文化交流。留学すると本当に色々な国の人たちに出会います。留学前の私はそういった異文化交流に期待に胸を膨らましていました。しかし、実際に留学した私が感じたのはその逆でした。町でも学校でもみんな同じ国や似たような文化の人同士(アジアはアジア、ヨーロッパはヨーロッパなど)で一緒にいる傾向が強いことに気付きました。しかし、シェアハウスなど、周りにヨーロッパや南米といったアジアとはまったく異なる友達が多くなってきました。まったく異なる文化や生活習慣、国民性などに驚くこと、戸惑うことも多くありましたが、だんだんとその違いが新鮮でおもしろく、違うからこその新たな発見があり、自分の常識や価値観が変わったり広がっていくことを日々感じるようになりました。今では全然違う国の文化や習慣の人たちと一緒にいることが新鮮でとても楽しく、言葉も文化も生まれた国も全く違うのに同じ時間を共有し、楽しみ、時にはお互いに共感しすぎて泣いてしまうほどの親友ができました。

もしも、まったく異なる文化の人たちと関わる場合、この人は自分とはまったく違うから・・・と自分からシャットダウンしたり、自分の常識の範囲と比べ否定したり、避けたりするのではなく、その国の人たちの文化や常識を受け入れ、違いを違いとして認め、楽しむようにすると、また違ったものの見方ができるようになり充実した留学生活が送れるようになると思います。日本の常識は世界の常識ではないということです。また、他の国の人たちと関わることで日本という国を客観的に見ることができるようになり、日本の良さや他の国の良さを感じることができると思います。


484297_516099681766176_2049908669_n

ネイティブと関わる!


私が一年間の留学生活を通して思ったことが、語学学校を通して様々な国の人々と出会う機会はありますが、ネイティブの人と関わる機会がないということでした。ネイティブの英語と第二言語として話している友達の英語とでは格段に差があります。ネイティブではない人との会話の場合、お互いに英語を学んでいるということもあり、お互いに理解できる英語の範囲で話すのであまり不自由なく話せますし、例え会話の中で間違った英語を使っていても気付かないかもしれません。スピーキングは慣れてくるかもしれませんが、その中で自分にない表現の仕方を学んだり、自分の英語力を伸ばすというのは正直難しいというのが印象です。それに比べ、ネイティブの人の生きた英語は表現や言い回しも幅広いですし、会話の中でたくさんの語彙や言い回しを学べます。ネイティブの人と関われる場を探すのは、英語を早く上達させる鍵だと思います。


日本について知っておく!


色んな国の人たちと関わっていくなかで、感じたのが私の日本についての無知です。留学中、他の国の友達とお互いの国の政治や経済、情勢や歴史などについての話になることが多々ありました。そこで、思ったのが皆、自分の国のことについてとても関心があり、国の情勢、歴史などとてもよく知っていることです。私はその際に、自分の国について自分が全然関心がなかったこと、今までそこまで深く考えたこともなかったことに気付かされ、自分の国についてあまり説明できないことを恥ずかしく思いました。海外にでて色々な国の人たちと関わっていく中で、必ず話題になる自分の国のこと。海外に出る前に、一度日本という国について考えてみて知識をつけていくのがいいと思います。海外に出ると、周りから自分自身というよりもその国の代表という認識をされます。自分が何かをすれば、「日本人はこうなんだ」というくくりをされがちになると思います。日本人として恥ずかしくないよう、また日本の良さを他の国の人に知ってもらえるよう日本について知っておくと良いと思います。


548874_457437097632435_2024332397_n

最後に皆さんへのアドバイスを頂きました!


長期海外生活は楽しいことだけではなく大変なこともたくさんありますが、その分、自分が大きく成長できる機会だと思います。日本という国から一度飛び出して、世界を知ることは本当に自分の価値観を大きく変える素晴らしいチャンスだと思います。留学を通して世界中に素晴らしい友達ができ、その人たちを通していろいろな文化や価値観を知り、日本という国が好きになりましたし、他の国の文化や価値観に触れることで、様々なことに対するものの見方や考え方が大きく変わり、様々な視点から物事を考えられるようになりました。これらの経験は今後自分の人生の中で大きく役に立つと信じています。いろいろなことに積極的にチャレンジし、日本ではできない貴重な体験をしてください。皆さんの留学生活が充実したものになるようお祈りしています!


603020_567924679917009_691517665_n

上記までのMariさんの体験談、いかがでしたか?
滞在経験が皆さんの何かの気付きになるエッセンスを感じて頂けたかなと思います。

留学に向かって、どう一步を踏み出したらいいか、悩んでいる方も、そうでない方も、是非お気軽に弊社までご相談くださいね。