2013年5月6日

メルボルンで短期間でスキルを身につけよう! 人気コース`”翻訳通訳”2月と7月に開講!!

メルボルン市内にキャンパスを持つ、有名大学のRMIT(ロイヤル・メルボルン工科大学)にて、留学生にもっとも人気のディプロマ・オブ・インタープリティングコース(日本語⇔英語の通訳コース)は、毎年7月と2月に開講されます。
メルボルンに住んでる人だけでなく、このコースのために他都市や日本から移動してくる留学生が多いほど、大人気のこのコース。なぜそんなに人気なのでしょうか。

RMIT interpreting course

なぜ、RMITなのか?


オーストラリアで通訳・翻訳家になるには、国家資格であるNATTI(National Accreditation Authority for Translators & Interpreters)の資格を取得する必要があります。

RMITは、メルボルンで唯一のNATTI認可校なので、その中で出される課題、授業への取り組み姿勢、最終試験の結果を総合判断し、その成績が70%以上であれば、ディプロマコースの修了資格のほか、NATTIのパラプロフェッショナルレベル資格が取得可能です! 一度の最終試験だけで判断されることなく、コースの全ての取り組みで評価されるのです。

RMIT interpreting course

人気の理由その1 短期取得可能


通訳のディプロマコースであれば、18週間で取得することが可能です。そして、さらなるスキルを習得したい方は、アドバンスド・ディプロマコース(通訳・翻訳共にあり)を続けて受講することができます。

もちろん短期集中コースですので、課題、アセスメントが最初から盛りだくさんです。ですので計画だてた学習ができる人、責任を持った行動が一人でできる人、時間を惜しまずに通訳練習ができる人、言語と社会に興味がある人にお薦めです。

大学や大学院で学習する翻訳・通訳コースと比べると、RMITのディプロマおよび、アドバンスド・ディプロマコースは、実践的なコースです。過去に、翻訳や通訳経験も持っていない方は、ディプロマから受講していくことをおすすめします。経験者には、大学院で学習できるマスターコース(修士号過程)もあります。


人気の理由その2 コース内容


現場で必要とされる実践的なトレーニングがたくさんあります。日本語⇔英語の逐次通訳の実践的な練習をたくさん行い、通訳に必要なテクニックや技術をたっぷり身につけます。それと平行して、通訳倫理や通訳者としての二言語能力向上も授業内で学びます。また、オーストラリアで通訳・翻訳をするのに必要不可欠な医療分野の語彙をオンライン学習で増やしたり、法システムも学びます! カバーする範囲が非常に広いのが人気のひみつです!!

RMIT interpreting course
実際に「教育」「メディカル」「社会福祉」「ビジネス」「ツーリズム」「法律」「移民」の7分野における範囲で学ぶことができるため、卒業後は、様々な分野における通訳に強くなれます!!
通訳・翻訳の経験豊富な教師陣のもと、コースの間みっちり 通訳技術を学ぶことが出来るのです!
オーストラリア国内を探しても短期間でこれほど幅広く学べるコースはほとんどありません!


なぜ今 通訳・翻訳が必要とされるの?


近年日本では、海外との取引きが重要視され、海外に支店をもつ日系会社も多いので、英語が堪能に話せ、さらに、通訳・翻訳スキルを持っている人材の需要が年々高まってきています。今や、英語が話せるだけでは通用しなくなってきているのも事実! この短期集中コースで、しっかりと専門的なスキルを身につけ、将来の夢への第一歩を踏み出しましょう!

経験がない方はディプロマ・オブ・インタープリティングコース(日本語⇔英語の通訳コース)から始めることが出来ます。
そして、その後翻訳コースや更なる通訳のコースに進むことも可能です。
またこの分野で経験のある方は、アドバンスド・ディプロマコースから始める事も可能ですので、先ずはご相談くださいね!!

コースの入学時に求められる、英語力基準が不足している方は、事前に、RMIT大学附属英語学校で進学のための英語コースを受講することができますからご安心ください。

人と人をつなぎ、世界との架け橋となる夢のようなお仕事。日本と世界があなたを求めています!

費用や、英語力診断、学校詳細については当社までお問合せくださいね。

お問い合わせはこちらから