2013年9月17日

オーストラリア国内でビザ申請する場合の申請費用一覧

先日の記事にも記載させていただきましたが、2013年7月1日からビザ申請費用に大幅な変更がありました。しかし、これが非常にわかりにくい。ということで、まとめてみました。

ポイントは、オーストラリア”国内”で”どのビザ”を申請して、さらにオーストラリア”国内”で”どのビザ”を申請したかという点です。

以前にオーストラリア国内で申請したビザ(Table A)


まず、以前にオーストラリア”国内”で申請したビザが、下記の表内にあるか確認してください。


サブクラスビザの種類
401Temporary Work(Long stay Activity)
402Training and Research(Occupational Trainee stream)
402Training and Research(Research stream)
411Exchange
415Foreign Government Agency
416Special Program
417Working holiday(Second)
420Temporary Work(Entertainment)
421Sport
422Medical Practitioner
423Media and Film Staff
426Domestic Worker-Diplomatic and Consular
427Domestic Worker-Executive
428Religious Worker
442Occupational Trainee
457Temporary Work(Skilled)
462Work and Holiday
570ELICOS Sector
571Schools Sector
572VET Sector
573Higher Education Sector
574Non-Award Sector
575Student Guardian
600Visitor
602Medical Treatment
676Tourist
676Medical Treatment(Long stay)

今回、オーストラリア国内で申請するビザ(Table B)


TABLE A内のビザを申請したことがあり、更に今回下記のビザを申請することになるか、確認しましょう。


サブクラスビザの種類
401Temporary Work(Long stay Activity)
402Training and Research(Occupational Trainee stream)
402Training and Research(Research stream)
416Special Program
420Temporary Work(Entertainment)
457Temporary Work(Skilled)
462Work and Holiday
570ELICOS Sector
571Schools Sector
572VET Sector
573Higher Education Sector
574Non-Award Sector
575Student Guardian
600Visitor
676Tourist

上記の、TABLE AとTABLE Bにそれぞれ該当する場合、通常のビザ申請費用に加え、700ドルの追加申請費用が加算される可能性があります!

留学生が気をつけないとけないのは、セカンドワーキングホリデービザ→学生ビザや、学生ビザ→学生ビザ、観光ビザ→学生ビザ、学生ビザ→観光ビザなどですね。

ビザは申請するたびに、申請費用がかかりますから、しっかり留学プランを決めて、申請手続きを進めましょう!ビザの申請回数が少なければ、それだけ学費を抑えられます。