2012年3月21日

貴重な滞在の思い出倍増計画♪

日本語教師アシスタントはオーストラリア留学センターでも人気のプログラムです。
日本語を学ぶオーストラリアの小中高生に日本文化を伝えてみませんか?

実際に体験された清水さんの体験談です♪

派遣先と期間


John Forrest Secondary Collegeで2ヶ月間日本語教師アシスタントをしました。
日本語教師はPhil Chadwick先生でした。


アシスタントとしてどんなお仕事をしていましたか


中学1年生から高校1年生までのクラスを教えました。
授業中は教室内を回りながら生徒がわからない日本語について教えたり、一緒に日本語の発音の練習をしていました。
また、授業がない時間の時は日本語の教材の資料作りや生徒のテストの採点をしました。

 
 

アシスタントとして教えてみての感想


生徒がゲームをしながら日本語を覚えていくので、皆さんが楽しみながら日本語を覚えている姿は見ていてとてもうれしかったです。
生徒に日本語について質問されたりすると、英語でどういう風に説明していいかわからない場面が多々あり、日本語を教える難しさを実感しました。また自分自身も日本語について学ぶことが多かったです。
 
また、アシスタントをしていると学校の中の様子も見ることができます。お昼は先生と生徒は別で食べたり、授業以外は教室に入るのは禁止、校庭も運動目的でなければ使用してはいけない。など、日本とオーストラリアの文化の違いが新鮮でとても面白かったです。