2010年11月9日

Navitas English 各キャンパス国籍割合

長年ACE・ACL の名で親しまれてきたきた、Australian College of English(ACE)、Austlalian Centre for Languages(ACL) が、11月よりNavitas English に学校名が変わりました。


今日は、各キャンパスの最新情報国籍割合のご案内です。
NAVI_1A_English Navitas English (ACE)
・シドニー(330名):
ヨーロッパ21%、南アメリカ34%、韓国18%、日本14%、台湾3%、その他10%
・マンリー(260名):
ヨーロッパ35%、南アメリカ48%、韓国5%、日本7%、台湾3%、その他2%
・ボンダイ(280名):
ヨーロッパ44%、南アメリカ34%、日本10%、韓国5%、台湾5%、その他2%
・ブリスベン(340名):
ヨーロッパ20%、南アメリカ28%、韓国15%、日本13%、台湾14%、その他10%
・パース(400名):
ヨーロッパ20%、南アメリカ43%、韓国10%、日本14%、台湾6%、その他7%
・ケアンズ(100名):
ヨーロッパ33%、南アメリカ10%、韓国20%、日本25%、台湾10%、その他2%
・ダーウィン(100名):
ヨーロッパ12%、南アメリカ6%、台湾5%、タイ16%、インドネシア8%、ベトナム9%、中国11%、中東5%。インド15%、その他12%
Navitas English (ACL)
シドニー(320名):
ヨーロッパ5%、南アメリカ5%、韓国7%、日本5%、台湾3%、中国35%、ベトナム16%、タイ14%、中東5%、その他5%
Navitas English (ACEACL) Nationality mix OCT 2010