2014年3月8日

カプランインターナショナルカレッジに行ってきました!

パースでも人気の語学学校、カプランインターナショナルカレッジパース校を訪問しました。

カプランインターナショナルカレッジパース校のロケーション

カプランインターナショナルカレッジは、パースシティから無料のRed Catバスに乗って約10分。
ちょっとおしゃれなカフェやレストラン、お店が並ぶWest Perthエリアにあります。

West Per2

カフェやケーキ屋さんもあり、休み時間に美味しいカプチーノでリフレッシュすることも。

Cafe

ちなみに学校を過ぎてシティと反対方向に歩いて行くと、マーケットやスーパーのあるスビアコに行けます。
金曜日の放課後はスビアコまで行ってご飯を食べたり、マーケットで珍しいスパイスや雑貨を見たりして 楽しめます。

West Perth

このバスを降りたらHay Streetをそのまままっすぐ歩くと左手に学校が見えてきます。

エントランス

ビルの外の階段を登ってすぐの入り口を入ると、すぐに受付があります。

Reception

通学中、何か質問があったり、学生証を取りに来たり、アクティビティの予約をする時にはここでサポート。

Activity

案内してくれたオリビアさん

今日は受付のオリビアさんが案内してくれました。

Olivia

オリビアさんは日本語が話せるのでいざという時には安心です。
いつも穏やかで優しく、対応してくださる頼りになる存在です。

図書室

学校には図書室があり、レベルごとに別れた教材が置かれています。

Library

ここの教材を使って自習をしたり、本を読んでリーディングの勉強をしたり、
学校の授業以外で英語力をあげるサポートになりますね。

休憩室

学校の休憩室には冷蔵庫、自動販売機、電子レンジ完備。
ここで色々な国から来た留学生と一緒にTake awayしたランチやお弁当を食べることが出来ます。

Canteen

今でも十分きれいなのに、「新しい椅子を注文したのよ」とオリビアさん。
さすがカプランインターナショナルカレッジ。キャンパスの綺麗さには自信があるのも分かります。


コンピューターラボ

コンピューターラボも充実。授業で使うこともありますが、休み時間にメールチェックやインターネットを使って調べ物をしたりするのに利用します。キャンパス内はWIFIもあるので、休み時間に使うこともでき、便利です。

PC

2階の自習エリア

このエリアでは自習の他、Job Clubやカンバセーションクラスなどの無料アクティビティにも利用されます。
窓に面しているのでとても明るく開放感があるこんな多目的スペースを持っている学校は珍しいと思います。

Common area


どうしてカプランインターナショナルカレッジパース校が選ばれるのか


Kaplan International College Perth

①日本人が少ない
とにかく日本人が少ない学校で、今(2014年2月6日)でわずか4%。
ガラス張りの教室を除いても、殆ど日本人生徒は見ませんでした。
オリビアさんによるとヨーロッパ、南米からの留学生が多いそうです。
どおりで、カプランの生徒同士でサッカーをするお知らせが壁に貼ってあったわけです。

②ビジネス英語コースが人気
パースでビジネス英語コースを開講している学校は少ないのですが、カプランインターナショナルカレッジではビジネス英語コースが2週間から申し込めます。
長期留学でも、一般英語コースの後にビジネス英語コースを選択し、日本での仕事に実際に活かせる勉強ができます。

③お仕事サポート充実
オーストラリアで仕事を探すコツ、履歴書の添削、面接の練習までしてくれるジョブクラブ。
このサポートがフルタイム通学中は無料で受けられます。
ワーキングホリデーの方で、英語力が上がった後に仕事を探したい方、学生ビザでアルバイトを探したい方には心強いサポートです。

④カンバセーションクラブで会話力アップ
在校生は無料で週2回英会話のクラスに参加ができ、授業以外で英会話力を向上させることができます。
苦手な発音や言い回し、こんな場合にはどんな表現を使うか、日常会話の細かい疑問をここで解消。
いつも正確にはなんていうのか分からないけれど通じるからいいや、と曖昧な英語を使って過ごしがちな方には、役に立つクラブです。

サポートが充実しているカプランインターナショナルパース校では2014年3月31日までにお申込みの方にこちらのキャンペーンを実施中!

■【全てのビザ対象】
10週間ごとのお申し込みにつき、プラス2週間無料受講

■【ワーキングホリデービザ対象】
14週間のお申し込みで、3週間無料受講(合計17週間)

お問い合せ、お見積りのご依頼はお気軽にお問い合わせフォームからどうぞ。