2017年1月13日

メルボルン大学提携の語学学校で英語を学ぶ!

メルボルンのシティにある私立一般語学学校って、どこも質が良くて有名と聞いてはいるけれど、なんとなくどこも似ているような気がする…というお客様の声を耳にしました。「シティにある語学学校は便利だけれども、もっとゆったりした環境で学習したい」「友達をたくさん作る楽しい留学もいいけれど、もっと真剣に英語学習に取り組んでみたい」といったご要望をもっている方におすすめの、私立一般語学学校大学と一味違った、大学提携の語学学校『ホーソン・メルボルン(メルボルン大学提携英語学校)』の一般英語コースをご案内致します。




大学進学を視野に入れたカリキュラム

ホーソン・メルボルンのおすすめポイントとして、5週ごとに入学日が設けられていることが挙げられます。他の私立語学学校の様に毎週新しいクラスメイトが出入りする事は無く、安定した環境で学習できます。さらに将来大学や専門学校を視野に入れている生徒が多いため、落ち着いた環境で腰を据えて学習することができます。又、オーストラリアの大学・専門学校進学を目指している留学生が多く集まりますので、年間を通して日本人の割合が非常に低いです。
学習内容ですが、英語学習の4分野をバランス良く取り入れ、一般英語クラスであっても、将来の大学・専門学校進学を視野に入れて、環境や政治等テーマを設けて学習を進めている事が特徴です。初級レベルから授業内でプレゼンテーションがあったり、積極的に授業内で意見&発言が出来る環境になっております。


コース名       一般英語コース           
開講日      2017年1月3日、2月20日、3月27日、5月8日、6月13日、7月24日、8月28日、10月9日、11月13日*コースが開始する約4日前にオリエンテーションがございます
コース期間      5週間単位        
タイムテーブル      午前8時30分~午後1時(月~金)           
入学基準      初級レベル〜          

充実の施設

ホーソン・メルボルンは大学提携校ということもあり、メルボルンの語学学校の中で1番施設が充実しています。

まずは図書館ですが、広い図書館には学習教材が充実しており、各種テキストブックや音声教材、それを再生するための音声デッキ等、学習教材に困ることはありません。ホーソン・メルボルンでは週20時間の授業にプラスして、図書館でのセルフスタディの時間が授業の一環として週5時間設けられています。先生も必ず同じ場所にいて、豊富な学習教材からなにを学習すればいいのかのアドバイスをしてくれます。たくさんある教材から自分にあったものを探して学習できる事は大きな魅力です。

郊外の学校ということで緑が多く、敷地も広くひろびろとしています。広い敷地を活かしてその他様々な施設が設置されています。

  • 学校サイズの体育館
  • ジム(マシーントレーニング・スカッシュコート・ロッカーやシャワーが完備!生徒はもちろん無料)
  • 学生用食堂(電子レンジ等が利用できるキッチンもあります)
  • バルコニーに設置されたバーベキュースペース
  • コンピュータールーム(20台)
  • 生徒用駐車場
  • シアタールーム等

コンピュータルームやジム等は授業で使用していない限り月から土の8:00から19:00頃まで使うことが可能です。


魅力のアクティビティ

アクティビティは専門のコーディネーターが常駐しており、生徒の要望に応じて予定を組んでいます。

よく行われているものとして、体育館を利用してのスポーツ(バスケ・バトミントン・インドアホッケー)やダンスクラス・季節にちなんだ行事的なイベント(イースターやハロウィンなど)が挙げられます。10週間ごとの卒業にあわせてパーティーの開催もしています。

外へ出かけるタイプのアクティビティとしては、クラスの中で生徒が教師と一緒に行くエクスカージョン(専用バスを所有していて、これに乗ってクラスみんなで出かけます!)があげられます。これは一般英語クラスの授業で学んだテーマに関連した場所に出かけるので、学習とアクティビティを兼ねた活動といえます。さらには自由参加での週末のエクスカージョン(ツアー等)そしてホリデー中にはキャンプを組んでいます。

授業料は他の学校と比べるとちょっとお高め、ですがそれを上回る魅力たっぷりの一般英語コースコースです。シティの学校とは又違ったホーソン・メルボルンでの英語学習、ご検討されてみませんか?