2014年5月2日

3年留学計画! 英語基礎取得からホテルインターンシップまでのパッケージプラン

海外のホテルで働きたい!でも英語力に自信がない‥
そんな夢を頂いている方に朗報です。

オーストラリアでも全豪No.1といわれているほど質が高い、ビクトリア州政府が運営する『William Angliss TAFE』のホスピタリティー・インダストリー・プレイスメント・プログラム(Hospitality Specialising in Industry Placement Program)と、メルボルンNO1人気語学 『インパクト・イングリッシュ・カレッジ』とのパッケージをご案内します!!

英語力に自信がなくても大丈夫! まずは、語学学校にて、専門学校までの必要週数を測ります。
査定された必要週に合わせて、語学学校+専門コースでパッケージとして申し込みができます。

まずは語学力査定

 

すでにオーストラリアにいらっしゃる方は、学校にて、日本にいらっしゃる方はご自宅にて、テストの手配をさせて頂きます。
テストは,約1時間。 テスト終了後は学校の先生により、採点が行われ、専門コースへの必要最低期間がご案内されます。
*三年留学とは、英語力テストにて48週間(英語力中級レベル)必要とされたと仮定してのパッケージプランです。英語力によって、期間が短くなったり、長くなったりします。


語学学校はここ!

 

今回ご案内する語学学校は、メルボルンナンバーワンと言われている『インパクト・イングリッシュ・カレッジ』です。

impact
Impact English Collegeの最大の強みは、教師陣の授業に対する意欲の高さ。校長のMr.クリスは、元はメルボルンにある大手英語学校で授業カリキュラムを構成したり、教師
育成などに携わっておりましたが、「留学生が英語力を習得できる学習環境を追求したい」という理由から、Impact English Collegeを2008年に設立しました。

英語オンリーポリシーは、メルボルンでもっとも厳しく徹底しており、クラス授業中だけでなく、休憩中にも学校スタッフがキャンパス内を定期的に見回っていて、英語以外の言語を話した生徒は、その1日は退学となりますから、通学の際は、お気を付け下さい!!授業中&休み時間はすべて英語漬けの環境です!

徹底したイングリッシュオンリーポリシーを実施しているので、真剣に英語力の上達を目指す方におすすめします。また、コンピューターが完備された図書館もありますので、静かな環境で集中して学習できます。スタッフや講師同士も声をかけあうなど、笑い声の響くアットホームな雰囲気です。

Impact English College



専門学校はここ!

 

今回ご案内する語学学校は、ホスピタリティー学校で全豪ナンバーワンと言われている『ウィリアム・アングリス』です。
William Angliss
『ウィリアム・アングリス』の『ホスピタリティー・インダストリー・プレイスメント・プログラム(Hospitality Specialising in Industry Placement Program)』では、二年の間に、Diplomaまでの学位を習得します。
このコースでは、ホスピタリティー理論を学ぶだけでなく、現場で必要とされるスキルを身につけ、実際に、実践することを目的としています。教室内の机の上で行うテキスト学習だけでなく、地元のホテルなどでの就労体験を在学中に経験することで、コース修了後には、即、社会で働くことができるというものです。

コースは、まず最初の前学期(半年)が、セオリーと呼ばれる通常の教室内での授業です。ここでホスピタリティーに関する、様々な知識や理論を経験豊富な教師陣より学びます。また、この半年間に、ホテルで週1回のワークエクスペリエンス(ここではまだ無給です!)を体験します。授業で習ったことを実際の現場で使うことで、実体験を通して覚えていきます。

そして、後期(半年)は、ホテルなどでの有給インターンが始まります。学校には専属の手配担当がおり、留学生にも有給インターンシップの受入れ先を斡しています。そして、半年間はお給料をもらいながら、プライスレスな経験を身をもって体験することができるのです!! フルタイムで働くことが出来るため、この期間中はがっつりと稼ぐことができます。学校の授業料も、この有給インターンで稼いでカバーすることが出来るのです!! 
William Angliss
ディプロマコースは合計二年のコースになりますので、基本的に、最初の半年のセオリーの後にインターンが半年入ります。半年間はじっくり学び、そのあとは稼ぎながら経験を積むことができるのです! 二年目はセオリーのみとなりますので、授業内でのプレースメントの経験は、半年のみとなりますが、その後、プレースメント先でアルバイトとして引き続き勤務されていらっしゃるかたもおられます。
実際、メルボルンで、コースの一環で有給インターンシップを取り入れている学校は、唯一、この学校だけです。コースを修了することは多くの留学生がしていること、ポイントは、卒業後に実社会で通用するスキルが持てるか?!という点です。


なぜ、ウィリアム・アングリスTAFEなのか?

 

一番の特徴としては、学生ビザでも、コース受講中に有給インターン経験が積めるということ。他校に比べて、圧倒的に現場での実践が多いのが人気のひみつです。
このようなコースカリキュラムが組めるのは同校が現地企業と強いコネクションがあるからなのです。教育機関としてのウィリアム・アングリスでもあり、そのほか、地元の企業への新人スタッフ・トレーニングを提供している機関でもあるのです。これは、企業からもホスピタリティーのスペシャリストが育成できる学校として認定されてることを指します。現在にいたるまで、多くの新人スタッフの育成に携わっています。

さらに、校内には、一般ゲスト向けのレストランやカフェ、ベークショップが併設されているため、これらの設備を利用しての実践授業も受けられるのも特徴です。そのほか、校内の一室にトレーニング用のホテル客室が設けられているため、働く前に学校内でじっくり練習も可能です。文句のつけようのない学びの環境が整っているのです。
William Angliss

学習内容は?

 

では、学習内容の一部をご紹介します。

  • ホスピタリティー業界に関する基礎知識
  • 現場で働くための基礎知識
  • 職場での健康と安全面について
  • 職場の衛生面について
  • コーチング(人に教えるスキル)
  • 質の高いカスタマー・サービス
  • 飲食関連の基礎知識(アルコール&コーヒーの取り扱い、テーブルサービス)
  • アルコール取り扱いについて(RSA)
  • ビジネスの運営の仕方
  • 法律に関して
  • サービスの向上について
  • 予算管理とスタッフのシフト管理に関して

ホスピタリティーの基礎から、マネージメントまで幅広くカバーすることが出来ます。
2年間コースでも、十分な知識とプレースメントで培った実践経験が得られます。


気になる就職率

 

就職率の高いことでも有名なウィリアム・アングリス。卒業生の9割以上が、卒業後半年以内に、就職または、進学をしている実績を持っています。
その理由は、上記でも説明しました質の高い学習と実践を踏まえたトレーニング方法と、学校経営者と教師陣のレベルの高さにあります。同校に入学すると、初日から生徒たちにはプロとしての意識を持つよういわれます。そのほか、過去にも教育&職業トレーニングにおいて、数々の賞を受賞しているため、地元企業からも同校の卒業生というだけで、持っているスキルの高さを認識してもらうことも可能です!!

レベルの高い学習環境と、最新で十分といえるキャンパス施設、そして、経験豊富な教師陣と高い向上意欲を持つ学生たちに囲まれて、トップ・レベルの知識とプロ意識を身につけられること間違いなしです!!

William Angliss
3年間で、オーストラリアで一流レベルのホスピタリティーを知識と実践共に習得できるこのコース。 日本で、現在何かを身につけたいと考えていらっしゃる方や、オーストラリアですでに、ホスピタリティーのお仕事をされている方まで幅広く人気のコースです。

費用や、英語力診断、学校詳細については当社までお問合せくださいね。
お問い合わせはこちらから