2014年2月7日

ホーソン・メルボルンに行ってきました!

今度はホーソン・メルボルンのご案内です。この学校の在籍数は600人程。さらに日本人の割合は5%と国際割合も一カ国に偏ってしまう事もなく、とてもバランスの取れた学校です。

メルボルン大学の提携校になるので、進学を目的とした英語コースが充実しているのが特徴で、生徒の70%はメルボルン大学に進学されるなどモチベーションの高い学生が集まる事でも有名です。一般英語コースは進学の予定ある、ないとでクラスが分かれており、各生徒の希望に沿った授業内容となります。又、この他にビジネス英語・進学英語・ケンブリッジ試験対策・IELTS試験対策コースを開講しています。

4分野をバランス良く取り入れ、ジェネラルイングリッシュであっても環境や政治等テーマを設けて学習を進めている事が特徴です。又メルボルン大学の入学に必要な英語レベルを満たすことを目標としたブリッジングコース(UMELBP)を、大学と提携して設けてます。

この学校のおすすめポイントは5週ごとに入学日が設けられているので、安定した環境で学習できる点が挙げられます。将来大学や専門学校を視野に入れている生徒が多いため、落ち着いた環境で腰を据えて学習したい方にはおすすめです。さらに、14-17歳を対象にした高校生用プログラムを設けています。現地の高校に進学するための英語を学んだり、短期留学の学生を受け入れたりもしています。

この学校の授業時間は、20時間プラスセルフスタディの時間5時間で授業が構成されています。セルフスタディの時間は授業の一環として設定されていて、個人の学習課題にそって行う学習します。図書館で学習し、先生も必ず同じ場所にいるので、質問がある時にはいつでも尋ねることができます。

図書館には学習教材が充実しており、各種テキストブックや音声教材、それを再生するための音声デッキ等、学習教材に困ることはありません。

このホーソン・メルボルン、なんといっても施設の充実している事が特筆するべき点です。学校サイズの体育館・ジム(マシーントレーニング・スカッシュコート・ロッカーやシャワー完備)・学生用食堂(電子レンジ等が利用できすキッチンもあります)・バルコニーのバーベキュースペース・コンピュータールーム(20台)・セルフスタディの教材がそろう広い図書館・生徒用駐車場・シアタールーム等、これだけ多くの施設が整っている学校は極めて珍しいです。

学校が開いている朝8時から夜7時頃まで月から土曜日にジムやパソコンを利用することができます。又各教室にはTV・DVD・スクリーンがほぼ完備されています。アクティビティは専門のコーディネーターが勤務しており、生徒の要望に応じて予定を組んでいます。

よく行われているものとして、スポーツ(バスケ・バトミントン・インドアホッケー)やダンスクラス・季節にちなんだ行事的なイベント(イースターやハロウィンなど)が挙げられます。10週間ごとの卒業にあわせてパーティーの開催もしています。

また語学学校に学食があるのもとても珍しく、種類も豊富、一瞬大学のキャンパスに来てしまった様な感覚になってしまいました。

IMG_1718

外へ出かけるタイプのアクティビティとしては、クラスの中で生徒が教師と一緒に行くエクスカージョン(専用バスを所有していて、これに乗ってクラスででかけるそうです!)があります。クラスの英語レベルごとに行き先が異なり、初級クラスは美術館〜上級クラスやビジネス英語コースのクラスにおいては企業見学など様々です。そしてホリデー中にはキャンプを組んで行く事もあるとの事です!

もちろん、進学を考えていない方にも毎週月曜開校の一般英語コースなどもございます。シティから離れているため、校舎・教室が広いのも特徴です。緑が多く、ゆったりとした環境で学習したい方にもおすすめですので是非ご相談下さい。