2014年10月7日

ワーキングホリデー資金はどのくらい必要?

ワーキングホリデーでオーストラリアに1年行くのにどのくらいの資金が必要ですか?とよく聞かれますので、最もスタンダードなパターンである

【パターン1】語学学校12週間+ホームステイ4週間
【パターン2】語学学校17週間+ホームステイ4週間


の2パターンを例に必要な費用をご案内します。

【パターン1】語学学校12週間+ホームステイ4週間


【1】学費(語学学校3か月(12週間)の場合)
入学金220ドル
授業料4,200ドル(週350ドル×12週間)
教材費120ドル
合計4,540ドル(約45.4万円)

【2】ホームステイ費(4週間の場合)
手配料220ドル
滞在費1,080ドル(週270ドル×4週間)
空港出迎え150ドル
合計1,450ドル(約14.5万円)

【3】渡航関連費
片道航空券6~8万円
ビザ申請費用4.2万円(420ドル)
海外旅行保険15~20万円(1年間)
合計約30~35万円

総額 【1】+【2】+【3】80~90万円

現地での生活費は月1200ドルほど(約12万円)かかります。
アルバイト収入で5~8割賄うことが出来ますが、入国してすぐにアルバイトを始められるわけではありませんので(通常、入国して2~3か月目からアルバイトを始める方が多いです)、上記の総額に、プラス生活費として少なくとも3か月分(約36万円)を含めた額を、資金の目安として準備しておくと良いでしょう。
※豪ドルは、1豪ドル=100円で計算しています

【パターン2】語学学校17週間+ホームステイ4週間


【1】学費(語学学校4か月(17週間)の場合)
入学金220ドル
授業料5,950ドル(週350ドル×17週間)
教材費170ドル
合計6,340ドル(約63.4万円)

【2】ホームステイ費(4週間の場合)
手配料220ドル
滞在費1,080ドル(週270ドル×4週間)
空港出迎え150ドル
合計1,450ドル(約14.5万円)

【3】渡航関連費
片道航空券6~8万円
ビザ申請費用4.2万円(420ドル)
海外旅行保険15~20万円(1年間)
合計約30~35万円

総額 【1】+【2】+【3】110~115万円

現地での生活費は月1200ドルほど(約12万円)かかります。
アルバイト収入で5~8割賄うことが出来ますが、入国してすぐにアルバイトを始められるわけではありませんので(通常、入国して2~3か月目からアルバイトを始める方が多いです)、上記の総額に、プラス生活費として少なくとも3か月分(約36万円)を含めた額を、資金の目安として準備しておくと良いでしょう。
※豪ドルは、1豪ドル=100円で計算しています