FAQ2013年2月12日

セカンドワーキングホリデービザをオーストラリアで申請

質問内容

今回、88日間のファームジョブを終えて、セカンドワーキングホリデービザを取得しようと考えています。一度日本へ帰国後、また観光ビザで戻ってきてセカンドワーキングホリデービザを取得しようと考えていますが、可能ですか?

お答え

はい、可能です。

セカンドワーキングホリデービザを申請するには、以下の3つの方法があげられます。

帰国後、日本で申請する

1度目のワーキングホリデーが終了し、一度日本に帰国した後に、日本国内から二度目のワーキングホリデーを申請する方法です。通常この方法であれば健康診断は求められません。

1度目のワーキングホリデービザ同様、入国時から1年間の滞在が認められます。

引き続き滞在し、オーストラリア国内で申請する

1度目のワーキングホリデー中に、二度目のワーキングホリデービザを申請する方法です。

その為、1度目にワーキングホリデービザで入国した日から、2年間続けて滞在することができます。2回目のワーキングホリデーというより、2年間のワーキングホリデービザと考えるほうが良いでしょう。

この場合は健康診断が必要となります。

オーストラリア国内で他のビザから切り替え申請

セカンドワーキングホリデービザは、他のビザから切り替えも可能です。つまり、学生ビザや観光ビザで入国後、現地でセカンドワーキングホリデービザに切り替えることができます。この場合も健康診断が求められますが、ワーキングホリデービザが発給後、1年間滞在することができます。