FAQ2013年10月31日

ETASを持ってるんですが、観光ビザと何か違いがあるのでしょうか?ETASで留学する事は可能でしょうか?

ETASを持ってるんですが、観光ビザと何か違いがあるのでしょうか?ETASで留学する事は可能でしょうか?



まず、ETA はコンピューター上で個人のデータを登録し、審査の上オーストラリアへの入国の許可・不許可を決める入国認可システムです。以前までは”入国証明書”とされていましたが、近年e-Visaとなりましたから、観光ビザ同様、ビザとお考え頂いて問題ありません。

ETASの種類は、観光、短期商用(一次、又は数次)がありますが、基本的に留学生のみなさんが取得するETASは観光用のものになります。ETAS取得後は、一年間有効で、最長3ヶ月間の滞在が許可されます。

では、ETASと観光ビザでは何が具体的に違うのかといいますと、特に大きな違いはなく、入国してからのルールもまったく変わりません。観光ビザもETASも滞在期間中、学校に通うことはできますから、ご安心ください。

もう一点、ETASと観光ビザとは、それぞれ申請料金が違い、ETASの方が割安かつ簡単に申請ができます。その為、短期滞在者のほとんどの方は、ETASを取得していますね。ETAの登録、及び審査は全てコンピューター上で行われますから、空港でのチェックインの際と、オーストラリア入国の際は、パスポートによりコンピューター上確認がとれる仕組みです。ですから、一般的なビザのように、パスポートにスタンプを貼ってもらうことなどはありません。この点は非常に便利ですね。