2015年3月13日

イングリッシュ・カレッジ・オブ・アデレードに学校見学に行ってきました!

アデレードで3番目に歴史のあるイングリッシュ・カレッジ・オブ・アデレード(呼称:ECA,イーシーエー)に学校見学行ってきましたので、皆様にECAについて改めてご紹介したいと思います!

イングリッシュ・カレッジ・オブ・アデレード(ECA)の立地と施設

ECAのキャンパスはアデレードの街中に立地しており、街の中心部であるランドルモールまでも約徒歩5分、最寄りのバス停は目の前、カフェやコンビニもすぐ近くにあるので、どこに行くにも便利な立地です!



レセプションでは(左から)Megan, Rachelが出迎えてくれました!

20150311_121114

パソコンルームもキッチンも綺麗に整理整頓されており自由に使うことができます★
20150311_12041720150311_120531

イングリッシュ・カレッジ・オブ・アデレード(ECA)の特徴

<アットホームな雰囲気>

先生や学校運営者全員が生徒全員の名前と英語スキルをきちんと把握できるように学校全体の生徒数を50名程度に絞っています。授業中はしっかりと勉強をし、授業外ではファミリーのような雰囲気で英語を通じてコミュニケーションをとることができます。ECAでは「アットホームな雰囲気」を大事にしており、英語コミュニケーションは授業の中だけではなく、通常の生活の中でも合わせて伸びるものだと考えているので、コミュニケーションを取りやすい環境づくりを大事にしています。

授業中のクラスに参加させていただいたのですが、授業中の雰囲気もとても良かったです!どこのクラスの授業に参加してもみなさん快く受け入れていただきました◎

20150311_12064720150311_12082720150311_120954

またECAではこんな工夫もされていました!現在学校に通ってる生徒の出身国をマッピングした世界地図です。意外と友達の出身地の場所がわからないなんてことも、これで無くなりますね!
20150311_120713

<学校外でのサポートが充実>

通常の生活の中での英語コミュニケーションが英語スキルUPにつながると考えているため、生活の基盤である「住まい」の部分を手厚くサポートしています。(※有料です)ホームステイはもちろん、シェアハウス、ドミトリーのサポートもしています。

ホームステイ斡旋では、事前にその方の英語レベルや趣味、将来の夢をしっかりとヒアリングし、その上でその方がホストファミリーとたくさんコミュニケーションが取れるよう思考が近しい方の家に行けるようマッチングをしています。

またシェアハウスで紹介する家は、生徒同士のシェアハウスではなく、食事がないホームステイの家のイメージを持っていただくといいかもしれません。英語ネイティブの方々と共に暮らしていたら必然的に毎日英語を話さなくてはなりません。そのような環境に身を置くことによって英語力が総合的に伸びること間違いなしですね!

イングリッシュ・カレッジ・オブ・アデレード(ECA)学校訪問後記

アデレードの中では規模が小さめの学校ということで、どんな雰囲気の学校なんだろうと思いながら訪問したのですが、とてもアットホームで素敵な環境の学校でした!学校の授業の中のようなみんなが集中している場だけで英語が話せても、いろいろな人の言葉が飛び交う日常生活の中で話せないということは往々にしてあるのですが、ECAでは学校の授業以外のところで英語を話す環境を作ってあげたいという方針があり、学校以外のサポートを手厚くしている点は生徒の英語スキルUPに直結するいい点だと思いました!

ECAには日本語を話せるスタッフさんがいます。ECAは夜間で日本語クラスがあるので日本人講師はいるのですが、スタッフさんの中にも日本語を少し話せる方がいるので、学校生活サポートの際に『どうしても』日本人の生徒で英語での説明が理解出来ない時には日本語でサポートしていただくことも可能とのことです。(日本語で話すのは特別サービスです!語学学校なので基本は英語しか話しませんよ!!!とのこと。たしかにそれはそうですね。。。)住まいのことは生活面に関わるので日本語サポートをしていただけるオプションがあるとなると少し安心ですね!

アットホームな雰囲気で英語を学びたいという方にはオススメの語学学校だと思いました!