2013年7月22日

CTICのコースをご紹介!

「ネイティブに通じる英語」=リアルイングリッシュで人気のキャストレーニングインターナショナルカレッジ(CTIC)。日本人は5%前後と、まだまだ穴場のCTICの各コースをご案内します。

20121129_192927

一般英語コース


初心者から上中級レベルまで、4つのレベルに分かれています。一つのレベルは12週間ごととなっておりますが、5週ごとに行われるレベルテストで75%以上を取れば、上のクラスにあがる事が出来ます。
クラスで使うテキストは一般のテキストにプラスして、オンラインなどの題材を使いながら勉強をしていきます。
一般英語のクラスでは、毎週テーマを決めてそれに沿って学んでいきます。これはそれぞれのテーマによって使う英語も変わってくるので、様々なタイプの英語を身につけるために行われています。

それぞれのレベルで学ぶレベルは下記となります。

■初級クラス
アルファベットの勉強から、簡単な英語の形を学びます。シンプルな会話が出来る様になります。

■初中級クラス
動詞の時制を中心に、沢山のグラマーを学びます。

■中級クラス
様々なストーリーが話せるようグラマー、単語力のアップを引き続き行います。双方向での会話が出来る様になります。

■上中級クラス
グラマーは既に学び終えていますが、自信を持ってスピーチなどが出来ない方向けのクラスです。ネイティブスピーカーとの会話についていけるよう、ライティング・リーディング・リスニング・スピークング・ボキャブラリーをより詳しく勉強していきます。英語に自信を持てるようにします。


一番人気!リアルイングリッシュコース


一般英語を終了した生徒さん向けに、実際の生活でより通じる英語を学ぶクラスで、年齢、国籍ともに学校で一番層の厚いクラスです。このクラスでは、発音やグラマーなども毎回訂正点を教えてくれたり、毎日起こりえるシチュエーションを使ってグラマーの練習をしたりするので、積極的にクラスに参加しています。みんなが楽しんで参加をしているので毎日一番うるさいクラスとしても評判です!

クラスの紹介はこちらをご覧下さい。



進学準備英語コース

進学をする人向けのアカデミックスキルを磨くコースです。12週間ごとの入学日となっているため途中でクラスメートが変わらず、みんなで同じ目標に向かって頑張れます。


IELTSコース

試験官の資格をもつ先生からIELTSのスコアをあげる為のスキルを習います。基本的にはアカデミックIELTSの勉強をしますが、ライティングやリーディングなどの個別練習問題では、各個人の必要なモジュールで勉強をします。


CTICの特徴

一般英語、リアルイングリッシュを通して、アクティブティーチング(Active Teaching)を行っているので、退屈になる事なく一日5時間学ぶ事が出来るのがCTICの自慢。
このアクティブティーチングとは、通常のテキスト以外にオンラインでYoutubeを見たり新聞の記事を見たり、様々な材料を使って勉強をします。


様々なサポート


CTICは中規模の学校で、先生やスタッフもとてもアットホーム。生徒たちのそれぞれの目標に向かってしっかりサポートをしてくれます。
また、留学中はいろいろな問題も出てくる事から、カウンセラーの方にも来て頂いています。毎週木曜日にはカウンセラーの方が来てくださるので、そこで相談にのってもらう事もできます。

また、たまには勉強から離れて楽しみたいと言う生徒さんにも評判の良い、4週間ごとのパブナイト。先生や生徒、スタッフの方々が参加してみんな楽しく過ごしているようです!



大学の進学を目指す方やIELTSを希望する方でも、コースの前後にリアルイングリッシュでスピーキング力をのばしたり、英語力のある程度ある方でも十分いろいろな事が学べる学校です。

費用は通学の期間やビザによって異なりますので、最新のキャンペーンはこちらでご確認下さい。

日本からのレベルチェックも受ける事が出来ますので、この学校が気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。