2014年4月16日

文「食」両道

G’day peeps!

クイーンズランド大学でコミュニケーションを勉強しているKiwakoです。今年でオーストラリア二年目になるので、ここでの生活はもう慣れっこという感じです。(へっへっへ)

ここでの生活といいますと、大半の留学生はシャアハウスをして、自分でご飯を作って食べています。課題にプレゼン、、、勉強が忙しい中、洗濯をしたり、ご飯を用意するのはとても大変です。本当に大変です。/(^O^)\

そこで!!今回は、私なりの、オーストラリアでの学生自炊生活のコツを伝授しようと思います!一年ちょっとの経験談、お聞きくだされ~♪ 

時間の節約

課題や、やらなきゃいけないことがある時は、お買い物はもちろん、料理するのも面倒くさくなります。

そこで!!

Keep in mindポイント:

・賞味期限をチェックし、長持ちするものはまとめて買っておく

・しないものは料理する日に買う

特に留学生ですと、車を持つ人が少ないと思います。なので、まとめて買っておくと、一回一回バスでスーパーに行って、手で袋を持って帰るという手間が少し省けるでございます。

 

・ご飯を多めに炊いて、冷凍庫にストックしておく

いや~。洗い物で一番面倒くさいのがご飯を炊いた鍋。(ちなみに私はこっちの炊飯器はホカホカに炊けないと思っているので、鍋で炊いています!)毎回炊くのではなく、一回で3食分くらいのお米を炊いて、残ったのを1食分ずつラップに包んで冷凍庫に入れておきます。そうすると、あらまあ!1~2日ご飯の用意がびっくりするほど楽になります。「コンロがあいてなくて料理が進まないわ~」なんてこともなくなるでございます。

 

・ディナーを多めに作って、次の日のランチにする

大学内のお店で毎日ランチを買うとなると、出費がすごいことになります。忙しいけれど、なるべくランチは自分で用意しよう!と心がけている所存でございます。だけどディナーの後にランチ作るのは面倒くさいな。。時間がないな。。。。そんな時でも大丈夫!ディナーを多めに作って、残ったものをコンテナにいれて持って行くだけでいいんです。イージーピージーです。

(^O^)/<Easy peasy! 

主婦になろう

ここで、ちらほら見かける食材ショップの紹介をします!

まずは「Coles」。

IMG_1782[1]

ちまたで噂の、安くてどこにでもあるスーパーです。

特売の時はマスカットが1kg$1.20(約114円!!!!激安。即買い。)と、みんなまとめ買いしたくなるような値段の物が毎日出ています。

そして、名前は場所によって様々な、野菜&果物ショップ!

IMG_1777[1]

スーパーより新鮮で色々な種類の野菜や果物が置いてあります。スーパーより少し高めの物が多いですが、豊富さと新鮮さには負けていません!

ショッピングモールの中でよく見かけます。

日によって値段が変わってきたり、それぞれのお店での特売などあるので、スーパーでも違う所を見てみたり、一周してからどこで何を買うかを決めるとより節約できると思います!

もうすっかり主婦ですね~。(´_`)

 

さて、ここでも。。

Keep in mindポイント:

・多く、安く

肉など、冷凍保存などしてストックしておける物は、まとめて買ってしまいましょう!賞味期限など見つつ、安いときにまとめて買っておくと、節約できます。

ちなみに、同じ量を、個々で売っている物よりも、野菜や果物は袋で何ドルという物(ニンジン、ジャガイモ、リンゴなどなど)の方が安く買えるので、それも節約する一つの方法です。これをちまたでは「Bulk(バルク、バルスではない)買い」といいます~!

*だがしかし*

Bulk買いは安いのでオススメですが、全部使わないのならMOTTAINAI。少ししか使う予定がない食材は、1kg何ドルの個々売りのものだと、自分の好きな量、必要な量だけを買えるので、そちらのほうがBetter for you, and better for the environment. ^^

 

・食材を無駄にしないように、なるべく、あるもので料理を考える

今あるものをベースに、それに足りない食材を買い足す。頭をフル回転させて、似ている食材でも、違った料理を作ってみましょうー!

(やっぱりCOOKPADはオススメ)

将来役立つこと、間違いなしです!

まとめると

改めて、家事を一人でやりつつ勉強をする、ということは大変だなー。と感じますが、 「料理は勉強の息抜き」「色んな料理に挑戦できて楽しい!」 こういう風に思えたら、もう勝ち組です\(^O^)/ オーストラリアにある色々な食材で、色んな料理にチャレンジしてみましょう!