2016年4月5日

ブリスベンでの仕事探し!

オーストラリアの仕事事情については、こちらのページをご確認ください。

ホームスティや学校にも慣れて、そろそろ仕事を探してみたい、でも何から始めたらいいのかわからない‥‥留学生の方からそんなお問い合わせをたくさん頂きますが、もちろん都市によって仕事の数、時給、探し方も違ってきます。


今日は、「ブリスベンでの仕事探し方」について、ご紹介します。

cafe

ブリスベンには仕事はありますか?

仕事は沢山あります!
ただ、仕事の内容に応じた英語力は必要です。仕事の選択肢を広げる意味でも、しっかり語学学校に通い、しっかりとした英語力を身に着けてから、仕事探しをスタートしましょう。


ブリスベンでは、どんな仕事がありますか?

日本食レストランのウェイターやウェイトレス、ツアー会社でのツアーガイドなどがあります。
その他、調理師、ネイリスト、美容師、カフェ、クリーナー、カーウォッシュ、ベビーシッターもあります。英語力が高ければ、地元のカフェでも働けます。
★参考までに2016年4月20日~4月27日の1週間の日豪プレスの求人件数をみてみました。

職種掲載数詳細
ウェイター・ウェイトレス7件すし屋4件、その他 居酒屋、ラーメン屋、タイ料理屋など
キッチンハンド(料理人)7件
オフィスワーク4件留学センターカウンセラー、携帯会社カウンタースタッフ、
データ入力、営業員など
その他9件美容師、スタイリスト、マッサージセラピスト、すし工場スタッフ、 クリーナー、配送業務、ベビーシッター

【求人件数:29件】
・インターンシップ(一定期間企業などの中で無給で研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度)やボランティア:2件
・幼児日本語教師ボランティア、語学学校での事務インターンシップ


仕事を見つけるためには、どれくらいの英語力が必要ですか?

 

英語力レベル詳細
Upper Intermediate以上 (中上級)ローカル 環境の全てが英語、日本人は自分だけ。しっかりとした態度も求められ覚えることも沢山!
Upper Intermediate (中級~中上級)ローカル 全て英語だけど仕事内容の範囲が限定されるカフェやレストラン
Intermediate (中級)日本食レストランなど外国人顧客が多い、そこそこちゃんとした接客が求められるなど
ホテルなどの宿泊施設ホテルやバックパッカーズなどのベッドメーキングや掃除などのルームアテンダント
Pre Intermediate(初中級)ファームワーク/農場、肉体労働で英語力不足を補う。しかしファームワークも英語力があれば割りの良い仕事につけるかも・・
日本食レストラン 皿洗いなどの英語をあまり必要としない部署
初級仕事探しは非常に難しいでしょう

Q4,給料はいくらですか?


給料は職種によって変わります。
以下の表は職種による大体の平均給与額です。

■キッチンハンド/ウェイター/ウェイトレス(日本食レストラン)10ドル~18ドル前後
■キッチンハンド/ウェイター/ウェイトレス(地元カフェ、レストラン)15ドル~20ドル前後
■見習いシェフ(日本食料理)11~18ドル前後
■日本語ツアーガイド(日系旅行会社)12~18ドル前後(研修期間除く)
■日本語コールセンター(オフィス)16ドル前後
■販売員(お土産屋)8~16ドル前後
             
海外で働くなんてめったにできない経験ですし、日本とは違うオーストラリアの接客マナー、ビジネスマナー、もちろん英語力上達への近道にもなります。現在、英語圏では留学生(学生ビザ)が働けない国がほとんどですが、唯一オーストラリアでは条件付で働けます。


就労条件


ワーキングホリデービザ
1つの勤務先で6ヶ月間
時間制限なし

学生ビザ
学校に通っている期間中
2週間で40時間以内(学校が定めたホリデー中なら、その期間は時間制限なし)

では何を準備して、何からスタートしたらいいかをご説明します。

①まず履歴書準備 保存用のUSBがあると便利


たいてい語学学校の無料のアクティビティの1つに、履歴書作成があります。参加して、ついでに先生にチェックしてもらいましょう。参加できなくても先生に頼めば履歴書サンプルをもらえる場合もあるので、保存用のUSBを持っていると便利です。オーストラリア留学センターブリスベン店の無料サポート付の方には履歴書サンプルも用意しているので、遠慮なくおたずねください。


②仕事情報を集めましょう


[ウェブサイトから]クラシファイドをチェック

日豪プレス 
サンブリスベン
gumtree 
[情報誌]日豪プレス、バグース
[掲示板]オーストラリア留学センター掲示板、学校掲示板
[口コミ]友達に聞いてみる、FaceBookに空いている家がないか、呼びかけてみる


③応募をする


HPにアップされている応募方法に沿って電話かメールで応募、面接の予約をとりましょう


④直接訪問

 

働きたい仕事情報を見つけたら、直接レジュメを持っていくのも一つの方法です。10件あたって1件面接してもらえればラッキーというくらい根気よく探しましょう。平均1日20枚は配りましょう。求人募集を出していなくても、飛び込みで履歴書を渡し、タイミングが合えば、すぐ面接してもらえる場合もあります。効率よく回るには、事前にインターネットで、どんなお店がどこにあるのか調べておくと便利です。
一言英会話:Are there any jobs available at the moment?(今何か仕事ありますか?)Could I talk to manager?(マネージャーと話せますか?)


⑤訪問時間


気をつけたいのは訪問時間。ランチやディナー時は混みあうのでさけましょう!

⑥持っておくとプラスな資格


RSA:RSA(Responsible Sercive of Alcohol)とは、お酒を販売・提供するために必要なライセンスのことです。オーストラリアでは、お酒をレストランやカフェなどで販売する際、オーストラリア政府からの許可が必要です。RSAを持っていないと働くことができませんので、レストラン、カフェ等でアルバイトをお考えの方は、現地到着後に早めに取得しましょう。

バリスタ:ブリスベンにはたくさんカフェがあり、オージーたちがのんびりカプチーノを飲んでいる光景を見かけます。そんなカフェでエスプレッソ・マシンを扱って手際よくコーヒーを入れている人たちのことをバリスタ(barista)と呼びます。コーヒーをお客様に提供する技術を持つプロフェッショナルです。バリスタのコースがある語学学校や、1日で取れるコースもあります。

ブリスベンには日本食レストランや韓国レストランなど、アジア系レストランが多いので、仕事は比較的見つけやすいでしょう。しかも中国人経営やオーストラリア人経営の日本食レストランもあるので、同僚にも&お客さんにもすべて英語!という環境もたくさんあります。