2013年8月13日

2014年2月入学に向けて準備を始めましょう!


オーストラリアの大学や専門学校に通いたい場合、入学日は2月、7月頃となるのですが、英語力によって、学校に通う前に何週間か語学学校に通わなくてはいけない場合もあります。来年、専門留学をしたいなぁとお考えの方は、今から準備をしていきましょう!

進学先の例として、今回は、ブリスベン・シティからバスで10分程北の所に位置する、ブリスベン・ノース・インスティチュート・オブ・テイフ(BNIT)という専門学校を学校をご紹介します。

BNITで留学生に人気のある科目はTourism、Graphic Design、Child Careの3つ。この中でも特に注目なのがGraphic DesignのDiplomaコース。生徒の就職率は90%以上と卒業生はコース修了後すぐに様々なフィールドで活躍しています。

BNITの魅力


・細かいスチューデントサポート
週に3日、BNITの図書館にチューターが待機している日が設けられています。授業中に分からなかった事や、課題のやり方など丁寧に教わる事ができるため、英語での授業に不安を持っている方も安心です。

・小規模なクラスなので講師やスタッフとの交流も多い
クラスは小規模なため、多きな講義室で話を聞くだけではなく、生徒1人1人が発言や質問をする機会を多く与えられます。また、講師との距離も近く、学校スタッフも生徒の事をよく把握しているため、アットホームな環境で学ぶ事ができるのがポイントです。

・シティからバスで10分程の落ち着いた環境
校舎は落ち着いた住宅街にあり、周りのシェアハウスの相場もシングルルーム150ドル/週からと、生活しやすい位置にあります。

図書館

Diploma of Graphic Design


1年半のコースでグラフィック・デザインを学びます。コース中にはマーケティングについても学ぶ為、卒業生はマーケティングの分野でも活躍しているそうです。入学時にはアイエルツ(IELTS)スコア5.5が求められます。

1学期を終え、学校に慣れてくると、2学期からは学生の皆さんはアルバイトなどされているようです。また、現在BNITでグラフィック・デザインのコースを受講している学生さんの中には、現地でのパートタイムポジションを見つけて、実際に学校に通いながらグラフィック・デザインの分野で働いている方もみえるそうです!

生徒の皆さんの作品はこちらです。
(クリックすると拡大して見る事ができますから是非ご覧下さい!)

Graphic Designの生徒の作品Graphic Designの生徒の作品Graphic Designの生徒の作品Graphic Designの生徒の作品Graphic Designの生徒の作品⑦Graphic Designの生徒の作品⑥

創造性にあふれた面白い作品ばかりですね!物作りが好きな方、コンピュータが好きな方にはとっても興味深い分野なのではないでしょうか。


CertificateとDiplomaってどう違うの?
→Certificate(各分野の専門知識を学び、そのコースを終えた証明)
→Diploma(各分野のコースを正式に修了し、単位を取得したことを認める資格)

Cert I :各分野の入門編を学んだ証明
Cert II:各分野の基礎編を学んだ証明
Cert III:各分野の応用編を学んだ証明(スーパーバイザーがいなくても職場で単独で働けるレベル)
Cert IV:各分野の応用編を学んだ証明(自身がスーパーバイザーとして職場で指示ができるレベル)
Diploma:各分野の高い専門性を学んだ証明(職場でマネージメントができるレベル)


現在、学生ビザにて半年〜1年間の長期間、語学学校に通われる方が多くいらっしゃいます。

語学学校を卒業後に何か資格を取られたいと考えていらっしゃる方には、テイフはお勧めです。
テイフでは英語レベルが初級の方でも、提携している語学学校に学校が指定する期間を通えばテイフへの入学に必要なアイエルツ(IELTS)などの成績証明書がなくても入学することができます。

来年から長期留学をしよう!!と考えている方はブリスベンにて”語学+スキルアップ留学”を検討されてみてはいかがでしょうか?

テイフの詳しいコースや、語学学校については下記、お問い合わせボタンをクリックしてお問い合わせください。