在留届について

在留届とは?

外国に住所または居所を決めて3ヶ月以上滞在する人は在留届を提出することが義務付けられています。オーストラリアについたら在留届を提出しましょう。

なぜ?在留届が必要なの?

外国に住所または居所を決めて3ヶ月以上滞在する人は、旅券法第16条よりその地域を管轄する日本大使館または総領事館に、在留届を提出することが義務付けられています。留学生やワーキングホリデーの方も対象です。

在留届を提出することにより、海外在留邦人が事件や事故、災害にあったのではないかと思われる際に日本国大使館や総領事館が安否の確認や緊急連絡、救援活動等を迅速に行うことができます。

もちろん、「最近連絡がないけどもしかしたら事故・事件にあったのでは・・」といった家族からの問い合わせに対しても、在留届があることで迅速に確認を取ることできます。オーストラリアは治安の良い国とは言っても、いつ事件や事故、災害にあうか分かりません。自分自身、そして日本にいる家族の為に、オーストラリアに到着しましたらすぐに在留届の提出をしましょう。

在留届の提出方法 – 外務省ORRネット(Overseas Residential Registration)

在留届の提出方法には、直接領事館に提出、郵送,FAX,e-mail,オンラインの5つの方法がありますが、最も一般的なのはオンラインです。
ORRネット上で提出者の情報(名前やパスポートの番号等)を入力するだけで在留届の提出ができるので大変便利です。


ORRlogo

在留届の提出が完了した後、登録したメールアドレス宛に在留届受け取り確認のメールが届きます。後日、住所等に
変更が生じた場合もORRネットから変更が可能です。その際、最初に登録したパスワードが必要となりますので忘れないようにしてください。

在留届に関する内容は外務省のホームページも合わせて参考にしてください。