2013年1月9日

1年間で大学院ビジネスコース留学

日本で大学を卒業、その後、就職して数年。
自分がもっとステップアップしたい、他の人に無い何かを得たい、と思う方にお勧めの留学計画をご案内致します。

1年間で大学院留学!?


自分のキャリアアップのため、海外で大学院ビジネスコース留学をしたい、でも2年以上日本を離れるのは、日本社会に復帰に不安が残る。

でも、オーストラリアなら大学院のビジネスコースで4ヶ月から勉強できるのです!
その中でも、半年からのビジネスコースを持っているカーティン大学をご紹介致しましょう。


カーティン大学について


Final Cover(1)
女性のハケット学長を持つ革新的な大学、カーティン大学は1966年にテクノロジーの専門学校として設立され、1986年に元オーストラリア首相、ジョン・カーティンの名前から大学名をCurtin University of Technologyとしました。
今では名前もCurtin Universityと変更され、オーストラリア最大の総合大学として約4万人の学生が学ぶ大学となっています。

主な学部には、ビジネス、サイエンス、エンジニアリング、アート、教育、看護、マルチメディアがあります。


CBS-カーティンビジネススクール


カーティン大学のビジネススクールは、Curtin Business School(CBS)と呼ばれ、アジア諸国からの評価も高いビジネススクールです。
産業、政府、コミュニティと密接な関係を築き、より就職、就業に有利なビジネススクールとなっています。
2020年までにアジアのトップ20大学になることを現在のCBSのヴィジョンとして挙げています。
CBSで開講されている主なコースはこちら。

●会計
●ビジネス法と税法
●経済とファイナンス
●インフォメーションシステム
●マネージメント
●マーケティング

PICT0059



英語+大学院コースプラン


それでは1年間の留学プランをご紹介しましょう。

【英語+大学院でのビジネスの勉強を1年間で】

コースプラン
カーティン大学付属英語コースEAP2ヶ月+ブリッジングコース17週間+Graduate Certificate in Business4ヶ月

EAPとは?
EAPはEnglish for Academic Purposesの略で、大学進学用の英語を勉強できる英語コースのこと。
基礎英語が終わった後、ブリッジングコースの前に勉強すると良いコースでしょう。

ブリッジングコースとは?
大学・大学院進学前に受講する準備コース。ブリッジングコース修了後に規定の成績を収めることにより、大学・大学院にIELTSやTOEFL無しで進学することができます。カーティンビジネススクール進学には、ブリッジングコース(17週)前にIELTS 6.0の英語力が必要です。

PICT0057
このプランなら、1年間の留学で英語と大学院留学ができます。
ただし、留学前の英語力により、トータルの就学プランが変わってきます。
留学は、一人ひとり違うもの。
まずは、あなたに合う留学プランを創る為にも私たちのカウンセリングを受けてみてください。
お問い合わせお待ちしています。