2012年6月13日

授業は分かりやすく発言しやすい環境!

今回は、Kaplan College Perthで現在General Englishを勉強している山田さんにお話を伺いました!

Kaplan International College Perth

★コースでは、どんな勉強をしましたか?


僕はGeneral Englishの授業を受けています。テーマや具体例に沿って、grammerやlistening、wrighting、speakingの練習をしています。また、grammerやlisteningなどの中から特に自分の苦手とする分野の授業を選ぶことができ、重点的に学習することができます。


★先生や学校の設備は、どうでしたか? 詳しく教えて下さい。


それぞれの先生がいろいろな工夫をして、楽しく分かりやすい授業を展開しています。英語がうまく話せなくても、先生方はちゃんと理解してくださり、間違いがあれば教えてくださるので、間違いを恐れずどんどん英語を使うことができます。
また、学校にはStudy roomがあり、教材やlistening用のCD、映画のDVDなどが置いてあります。それらを使い、効果的に自主学習をすることができます。


★クラスの雰囲気を教えて下さい。(国籍割合、1クラスの生徒数、雰囲気など)


1クラスだいたい12~15人で、僕のクラスの国籍はブラジル人と韓国人がそれぞれ4割、日本人が2割くらいです。特にブラジル人と韓国人が多いです。クラスの雰囲気はとても明るく、授業は毎回楽しいです。引っ込み思案な僕でも、発言しやすい環境です。

Kaplan International College Perth


★どのようなアクティビティがありましたか?


みんなでどこかに出かけたり、サッカーをしたり、他にも、映画鑑賞会やボーリング、ロッククライミングなどもあり、様々なアクティビティがあります。僕はペンギンアイランドツアーに参加しましたが、遠足のようでとても楽しかったです。



★学校の良い点を教えて下さい。


開放的な雰囲気で友達が作りやすいです。アクティビティの種類も多いので、少しでも興味があれば、積極的に参加することでいろいろな経験をすることができます。


★ホームステイをされた方は、スティ先について教えて下さい。


2週間ほどホームステイを経験しました。初めは緊張しましたが、とても優しい方で安心してステイすることができました。



★渡豪前の英語力と、現在の英語力の変化を、どのように感じていますか。


渡豪前は本当に少しかじった程度の英語力で、ほとんど喋ることができませんでしたが、1か月が経ち、少しずつ喋ることができるようになってきました。



★今後の予定・将来の目標は何ですか?


まだまだ十分に話せる状態とは言えないので、これからvocabularyを増やし、いろいろな表現を覚えて、積極的に英語を使っていくことでもっと話せるようになりたいです。


★これから留学する人へ何かアドバイスをお願いします。


留学をして海外に行って、ただボーっとしていても、英語はほとんど身に付きません。積極的になることが大事だと思います。しかし、つたない英語だとしても、海外の友達と英語でお喋りすることは楽しいものです。そうやって楽しく会話をしていくうちに自然と身についていくと思います。また、留学の目的は当然英語だけではないと思います。海外は生活や文化、建物や自然など日本とは大きく違います。そういった違いを肌で感じることもとても楽しいですし、いい経験になりますよ。



★オーストラリア留学センターを利用された率直な印象


どんな学校があるのか、どこの学校がいいのかを知るには留学センターを利用するのが一番いいと思いました。学校のことだけではなく、ホームステイやシェアハウス、こちらでの生活など様々な面で頼りになるので、利用してよかったと思っています。