2012年6月13日

ブリスベンのバス事情

今回はブリスベンでのバスの利用の仕方についてご紹介します。

ブリスベンでは公共交通機関として電車・シティキャット(フェリー)と同様、バスを利用するのがとても便利です。日本と違う所もあるので最初は慣れないと思いますが、慣れると車を持っていなくてもバスで快適にブリスベンを満喫できます。
 
BNE bus

バスの基本情報


ブリスベンのバスは5つのゾーンに分かれているゾーン制で、料金体系も電車・シティキャットと同じです。乗り方は簡単!バスに乗って運転手さんに行き先を伝え、言われた料金を支払います。ゾーン1の片道(single)が$2.40、1ゾーン増えるごとに$0.40プラスになります。


バスの乗り方


①乗りたいバスが来たら腕を前方に出して運転手さんに停まってもらうよう合図を出す。
    
▼

②前方の入り口から乗車する
    
▼

③運転手さんに行き先を告げる
    
▼

④運賃を教えてくれるので支払う
    
▼

⑤レシートをくれるので保管する
    
▼

⑥降りたい場所の手前でボタンを押すとランプが光り、次のバス停で停まってくれる。


※日本のバスと違いオーストラリアのバスは車内放送がありません。目的地の目印やひとつ前のバス停を覚えておきましょう!夕方5時を過ぎたり、土日はバスの本数が減ったりするので、乗り過ごしのないように時刻表を確認しておきましょう。バスは5分早くきたり、遅れたりすることも多いので、余裕をもってバス停につくことをおすすめします。


チケットの種類


・Single(シングル・片道チケット) 目的地までの片道チケットです。2時間以内であれば追加料金不要で、バスはもちろん、電車、フェリーへの乗り換えも可能です。
・オフピーク券:ピークアワー以外の割安チケットです。オフピーク⇒9am~3pm,7pm~終電まで有効。土日と祝祭日は終日有効です。


※シングルチケットを購入する際の英会話
Could I have a ticket for ○○○(バス亭名),please?


無料バス


ブリスベンにはフリーループと呼ばれる無料観光バスがあり、朝7時から午後6時前まで10分間隔にでている為、気軽に乗車できます。バスストップは、セントラル駅(stop26)、シティホール(stop21、)、QUT(stop114)、クイーンストリートモールなど市内に18箇所と多く設置されており、シティ中心、クイーンストリートモールから出発するバスは、シティーホール、セントラル駅、リバーサイド、観光地でもあるボタニックガーデンなどを周遊する。バスの路線は2本、時計周りとその逆、車体の色は赤と分かりやすく、旅行者でも簡単に乗車が可能なのでおすすめです!


お得なGo Cardを使おう!


go cardとは、日本でいうJRのSuicaのように、前もって自分のカードに入金しておいて、バス乗車時と降車時に、バスに設置されてある機械にカードをタッチすると料金が自動的に引き落としされる仕組みです。このgo cardを持っていると、わざわざチケットを買う必要はなく、通常のシングルチケットよりも30%ほど安くなっています。このカードも、バス・電車・フェリー全て共通して使えます。
go card BNE


★go cardお得な使い方
Go Cardで月曜日~日曜日の間に10回乗ったらその週の11回目からの乗車はタダ!!
学生なら月曜~金曜日まで学校行くのに10回乗ったら土日は無料でバスが乗り放題!



go cardの種類


ゴーカードには子供用、学生用、一般、シルバーと4つの種類があります。ワーキングホリデーの方、語学学校の生徒は青色のアダルトカードを購入してください。クイーンズランドが認めた学校の学生、という証明になるロゴが学生カードに印刷されている場合は、緑色のコンセッションカード(学生用)が購入できます。最近ではいくつかの語学学校でもコンセッションカードが認められているので、学校の担当者に確認してから購入してください。

※シティーキャット、電車、バス内ではよくカードがチェックがされ、コンセッションカードを使い、学生の証明ができなかった場合、罰金(200ドル)を課されるので、go card+学生証を持ち歩きましょう。


go card購入


カードはブリスベン近辺多数のコンビニやニュースエイジェンシーで販売されています。初めてカードを購入する際に必要な最低金額は10ドル(うち5ドルはデポジット)になっています。追加入金したい場合も同じく、コンビニやニュースエイジェンシーでできます。(バスの車内ではできないので要注意)駅に置いてある機械でも行えます。
Can I top up ○○(金額) dollars, please?と言えば追加入金できます。



※go card使用の注意点
バス乗車時や降車時に、バスに設置されてある機械にカードをタッチするのを忘れると、次回使用時に10ドルひかれます。機械が故障などで作動しない場合はトランスリンクに電話すれば、ひかれた金額をカードにまた戻してもらえます。もし乗車時に金額が1セントでも入っていれば、マイナスの表示はでますが、降車できます。次の追加入金時に、その金額がさしひかれて入金されます。



トランスリンク紹介&使い方


クイーンズランド州のバス・電車情報はトランスリンクのウェッブページにて集めることができます。まずはこちらのサイトにアクセス!一番良く使うのがJourney Plannner(乗り換え案内)。

サイトにアクセスすると、画面左側にJourney Plannerが出てきます。これを使えば目的地までの行き方を簡単に調べることができる優れものです。
<使い方>
①出発地・目的地(住所/目じるし/バス停名/停留所ID)を入力し
     ▼
②日付、出発または到着時間を選択
     ▼
③最後にFind Journeyをクリック

Translink


バスの時刻表の出し方


バス番号が分かる場合はJourney Plannerの下にあるTimetableにバスの番号を入れて時刻表をみることができます。
timetable

Findを押すと下記の画面がでるのでPDFファイルをダウンロードすれば時刻表を手に入れることができます。
PDFfile

トランスリンクをうまく利用していろんな所に出かけてみましょう!