2012年7月12日

チャイルドケアを学んで、働く

メルボルンにありますMEGTでは魅力たっぷりのチルドレンサービスのコースを提供しています。子どもの発達段階を理解し、乳児から5歳までの幼児に関わる職業に自信をもってつくことができるようになるため実践的なコースです。


魅力1 シテイ フリンダース駅近くの便利な立地!
魅力2 実習たっぷりの充実カリキュラム。お仕事につながる可能性アリ!
魅力3 オキュペーショナル・トレーニー・ビザの可能性アリ!


立地について 


TAFE等の学校は郊外にあることが多いのですが、学校はシテイの中の好立地です。通学に便利な立地で学習できるのは大きな魅力ですね。又、英語力に不安のある方には、提携校のアビリティで英語力を伸ばしてから専門コースに進むといった方法をとることもできます。入学時期が年4回設けられていますので、ご自身の予定に合わせて時期を決められるという事も魅力です。


カリキュラムについて 


Certificate Ⅲ in Children’s Serviceを例にとって説明をします。


期間  詳細 
開始から5週間週3日8:30-17:00までみっちりと理論を学びます
6週間目から最終週1週前まで週に2日の8:30-17:00の授業に加えて、もう1日はチャイルド・ケア・センター等での実習になります
最終週週5日・1日8時間で計40時間の実習となります
実習合計時間計144時間!

実際にオーストラリアの乳幼児教育現場を見て・子ども触れ合ってと学習だけでなく体験を通して学ぶ事ができるコース内容になっています。実習先はもちろん学校が手配をしてくれます!

コースの内容はすぐに現場で使えるような実践的な内容ばかりです。オーストラリア内外問わず、乳幼児教育に興味を持っている方なら、学んでおいて損はない内容ばかりです。以下に科目の一部をご紹介してみました。
■ 子どもの発達のサポートについて
■ 効果的に子どもと交流する方法について
■ 子どもの遊びと学びをサポートする方法
■ 子どもの興味と精神発達に必要な事柄の理解
■ 子どもの健康と安全面の確保
■ 乳児・幼児の世話の仕方
■ ファースト・エイド

その他に、チャイルドケアセンター等で働く上で必要なマナー等もカバーされますので、安心して実習に臨むことができますね。
Certificate Ⅲを修了し、実習先で仕事ぶりが認められると、そこでお仕事をもらえるケースも多くあるそうです。Diploma of Children’s Serviceに進まれた生徒さんが、授業のない日に前の実習先で働くという事も夢ではないコースなんです。


将来のキャリアについて 


このコースを受講するとチャイルドケアアシスタントやディケアの職員・ベビーシッター等として、働くことができます。
Diploma修了時、もし実習先が生徒さんを気に入って継続して働いて欲しいといった要望があった際に、Halesがビザサポートをしてくれるオキュペーショナルトレーニービザ・インターンシッププログラムと呼ばれるものがあります。このプログラムに参加するにはプログラム費を支払う必要はありますが、(2012年現在で約5500ドル。このご料金にはビザ申請代金も含まれています)このビザを取得すると、スポンサー先の勤務先最低週30時間、約1年間有給で働くことができます。このインターシッププログラムはHalesのDiplomaを修了された方にしか、ご提供していないそうです!
※このプログラムには各種参加条件がありますので、詳細はお問い合わせ下さい。

子ども好きな方、オーストラリアのチャイルドケアに携わってみたい方におすすめの魅力タップリコースになります。