2012年6月21日

カンガン・インスティチュートへの学校体験ツアー

メルボルン支店では、今大注目のTAFE付属系語学学校カンガン・インスティチュートへ、学校体験に行ってきました!この学校では英語コースの他に、IELTS試験対策コースやTESOLコース等も設けています。今回の体験ツアーは、学校のオリエンテーション、体験授業、レベルチェックテストと盛りだくさんの内容で、弊社のお客様とスタッフが一緒に参加してのツアーとなりました。学校を実際に体験してきての、この学校の人気のポイントを本日はご紹介致します。

カンガン・インスティチュート付属英語学校はシティ中心に位置し、学校内部は比較的新しいこともありとてもきれいです。20台以上設備されたコンピュータをはじめ、各教室にはインターアクティブホワイトボードが設置されており、学習環境がとても良いです。Director of Studies のクリス先生によると、カンガンに入学した生徒は、各自のカンガンのメールアドレスとログインを受け取るそうです。ログインによって学校のページにwebページに入ることができ、そこから各自の宿題や学習に取り組むことが可能という事で、電子環境が整っているという印象を受けました。


体験授業を受けてみて、この学校に通う学生の50-60%はTAFE進学を目指すため、授業の内容は進学英語コースになりますので、授業は真面目な雰囲気で行われていたのが印象的でした。一般私立英語学校に比べると、ゲーム等のアクティビティは少なく、リスニングで確実に聞きとるためのコツ、イディオムの学習等、将来英語で学習する為に必要な英語力に的を絞った学習内容だと感じました。今回はPre-Intermediateのクラスの授業参加でしたが、見学に一緒に参加された生徒さんからは、「以前通っていた学校のPre-Intermediateよりも授業の内容が濃く、英語力が伸びそうな内容です!」との感想を頂きました!!
厳しく真面目に学習されたい方、進学を視野に入れた方にはお勧めの一校です。火曜から金曜までは毎日選択授業も設けられていますので、週20時間の学校の授業にプラスして、学習することも可能です。

この学校ではフィードバックにも力を入れています。英語レベルを1つ上げる為には10週間の通学が必要ですが、ただクラスに参加しているだけでは上のレベルに行くことはできません。10週間の間には先生から5回もフィードバックを受け、アセスメントに合格した場合のみ、上のレベルの授業に参加することが許可されます。

■1週間目の終了時 Director of Studies のクリス先生との個人面談
■3週間目の終了時 担任の先生との個人面談
■5週間目の終了時 中間レポートを受け取る
■8週間目の終了時 担任の先生との個人面談
■10週間目の終了時 レベル修了レポートを受け取る

厳しい授業内容ですが、厳しいだけではなく楽しいことも英語学習には必要!とクリス先生がいうように、アクティビティにも力を入れています。5週間に1回、アクティビティのタイムテーブルが配られるとのこと。5週間に1回は盛大な卒業パーティが開かれ、生徒さんは楽しみにしているそうです。カンガンは、その他のTAFE語学学校は5週に1回の入学日が多い中で、珍しく入学日が柔軟に組めることが魅力です。又メルボルン・シティ内ですので、学校見学・体験授業もすぐに参加する事ができます。是非授業を体験してみたい!という方、お気軽にお問い合わせ下さい。